スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    県木住との出会い



    今日、現場は一気に動き始めました。

    P1000264.jpg



    昨日の時点で基礎に土台が乗っただけの状態でしたが、
    出勤前に通りかかると既に作業が始まっていて、、

    今日1日でここまできました。


    P1000263.jpg


    よく道路工事なんかを見ているとタラタラ仕事してて
    『本気出せばもっと早いんじゃね?』とか思ってしまう私ですが、
    今日の大工さん達の本気は目を見張るものがあります。
    この本気ならジャパンもオールブラックスに勝てるかもしれない。。



    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


    プランニングをお願いした会社6社とはすべて縁がなく、
    各社からもらったプランニングと見積を比較してみるにつけ、
    理想の家づくりというものを諦めかけた時期でもあります。

    そんなタイミングで、藁にもすがる思いで、

    いやむしろ気分転換する程度の感覚だったのかもしれませんが
    県木住の主催する薪ストーブ見学ツアーへ参加しました。

    県木住の存在は以前から知っていて、何件か見学会も見に行ったことがありましたが、
    その時の印象は「コテコテしてるなー」と、いまいちだった記憶があります(県木住さんスミマセン)

    しかしその見学ツアーで印象が一変しました。

    県木住OBの方のご自宅を2軒ほど見せてもらったのですが、
    完成見学会で見る、まだムクムクと主張した無垢材と違って、
    10年ほど経過したお宅の床はいい意味で角が取れて落ち着きのある木の肌触りです。
    薪ストーブの雰囲気もあいまってとても暖かい家だなーと感心しました。

    やはり完成したその瞬間から劣化が始まる新建材の家と違い、
    ここの家は年を経るごとに味が出てくるんだろうなーと(言い過ぎ?)。

    しかも迎えてくれる家主さんがこれまたいい人ばかり。
    とても素敵な家族で、暖かな家の雰囲気とマッチしてました。

    さらに、そんな人たちが口をそろえるのが、
    「人柄で県木住を選んだ」ということ。(ここが妻の琴線にヒット)
    不器用なくらい営業っぽくない担当者さん達(笑)

    この見学ツアーで私たちの家づくりは再び動き始めます。


    余談ですが、このころ妻は妊娠期特有の匂いにとても敏感な時期で、
    接着剤や塗料の匂いをまったく受け付けなくなっていました。
    見学会に行っても新建材を多用する家は、匂いのせいで玄関から中に入れない状態でした。

    その点、県木住の建てる家は木のいい匂いで全く抵抗がありませんでした。
    無垢材を前面に押し出していたデザイン系の会社の建物も、
    今思えば少なからず接着剤の匂いはしていたと思います。
    妻に言わせれば『匂い』が県木住に決めた理由の第1位だそうです。


    ということは、自動的に薪ストーブも導入決定ということでめでたしメデタシ。


    と、そんなすんなりと進むわけはないんですけどもね。

    なにしろ県木住と言えば他社で名前を出すと
    「あそこは高いでしょう」「坪単価60万から」と噂されるほど。
    またU社F社の二の舞になってしまうのか。。
    そんな心配をしつつも県木住とのプランの折合わせを進めていきます。

    が、それはまた別の話。
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    mjaak995321

    Author:mjaak995321
    2011年12月より新しい生活をスタートさせました。
    よりよい生活を目指し試行錯誤の日々です。

    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新トラックバック
    閲覧者数
    2011年9月5日~
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。