スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    牛乳パックを大量にいただきました。

    薪ストーブを焚いて1年が経ちましたが、

    ある程度の格言と言うか、ノウハウも身につきつつあります。



    その中で、妻に口を酸っぱくして言っているのが、


    『焚きつけをケチるな』ということ。


    あまりケチってしまうと、火がつかないばかりか煙で大変なことになります。



    なので妻が1人で焚きつけをする場合には、


    焚きつけの小割りと中細割りを贅沢に使うように教えてあります。



    その中でも活躍してくれるのが牛乳パック。


    牛乳パックに使われている紙はまわりに蝋が塗ってあるそうで、


    しっかりと燃えてくれて小割りにしっかりと火を回してくれます。



    私が焚きつけをする際にも贅沢に1面(4分の1)を使ってしまいます。


    しかしそれでは朝晩と最低2回の焚きつけをするわが家では足りなくなってしまいます。。。



    夏の間に貯めてはいるのですが、まだ娘もゴクゴクと牛乳を飲むわけでもないので


    やはりシーズン途中で切らしてしまいます。。。




    そんな中、実家から嬉しい牛乳パックのパックが届きました。




    DSC_0059_20130217212223.jpg




    この量があればかなり使えるはず。

    2~3カ月ももってしまうかもしれません。



    しかしうちの実家もあまり牛乳を飲む人がいないはず。


    しかも茶色く見えているコーヒー牛乳なんて見たこともありません。



    どこからかもらってきたのかなーと聞いてみると、


    近くに住む伯母の家からもらってきたようです。。
    (おととし廃材をもらったのとは別の伯母さん)



    まことに恐縮であります。


    私の道楽のために親戚中で応援してくれています。


    感謝を忘れずに火を焚いていこうと改めて思いました。



    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    1日1本

    我が家では、牛乳1日1本減ります。
    大半はリサイクルにまわってしまいますが・・・
    平内へ行ったときのおみやげになりますね(笑)

    No title

    >つっちーさん
    やっぱり子どもが飲むようになれば消費量ちがいますよね。
    今度平内いらっしゃるの楽しみにしてます。


    プロフィール

    mjaak995321

    Author:mjaak995321
    2011年12月より新しい生活をスタートさせました。
    よりよい生活を目指し試行錯誤の日々です。

    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新トラックバック
    閲覧者数
    2011年9月5日~
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。