スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    薪狩りサークル『くべる部』



    薪を集めると一言で言ってもなかなか思うようにはいかないものです。


    情報量やマンパワー…etc.なかなか孤軍奮闘でカバーしきれないのです。



    そこで、県木住の薪ストーブユーザーさんたちが集まって薪集めサークルを結成しています。



    その名も『くべる部(べ)』。



    今回、わたくし初めてくべる部の薪狩り会に参加してきました。



    毎年の薪狩りの他、忘年会新年会等の宴会も開催してるようですが、

    わが家は娘が小さいためまだ参加したことがありません。


    もう少しお利口さんになったら一緒に参加したいと思います。


    で、肝心の薪狩りです。



    今回は弘前市まで遠征。


    岩木川沿いの河川敷に自生するニセアカシア・ヤナギなどを伐採・玉切りのうえ持ち帰ります。





    P1000895.jpg



    この河川敷は国交省の管轄で、
    川が増水した際に倒木が危険なため、国で伐採などの管理をする必要があるのですが、
    木を必要な方が自分で責任を持って伐採し、木を持ち帰ることで、
    国も費用を抑えることができるし、ストーバーも木を貰えてウィンウィンというわけです。


    このような方法でどんどんストーバーに開放してくれればいいと思います。






    P1000893.jpg



    まずは県木住佐藤代表の伐倒。

    やはり安定感があります。


    私はこの倒れた木の枝払いと玉切りを担当しました。




    P1000892.jpg



    今日の参加は7家族12名で頑張りました。


    主な作業分担は、

    ①伐倒隊

    ②枝払い&玉切り隊

    ③枝の片付け&玉切りのまとめ隊

    ④木登り隊


    といった感じです。

    マイチェンソーを持参したメンバーが①と②を様子を見ながら行う感じで、
    私はまだ倒すのが怖いために②に専念という形でした。




    P1000891.jpg




    お昼は佐藤代表の奥さま手作りのカレーです。

    カレーに目が無いわたくし大興奮です。


    でも人見知りなので冷静さを装って味わいました。


    外で食べるカレーは最高です。キャンプ気分も味わってきました。




    P1000890.jpg



    休憩を入れながら9時から15時までの作業で、

    こんな山があちこちに盛り上がっていました。

    やはり数は偉大です。


    軽トラの積載量ギリギリまでつめて乗って帰りました。





    P1000889.jpg




    薪置き場についたころには17時前くらいになってしまいました。

    しかし明日も作業があるため、薪を下ろす作業が必須なのです。


    これは計算外でした。


    また汗だくになりながら暗い中ひとりでもくもく玉切り薪を降ろしました。



    早く寝て体力を回復させなければなりません。。。




    しかし、帰りの運転中にふと気付いたのですが、

    ご家族連れで頑張ったみなさんと同じだけ(むしろ多い?)軽トラに薪を積んできてしまった私。


    2人や3人で働いた人と対価が同じでは不公平な感じがします。


    しかも佐藤代表は今日は薪を持ち帰らなかった(ような気がします)。


    お昼や休憩のお菓子飲み物まで出してもらったのに。。。orz...


    さすがに都合が悪いので明日佐藤代表に聞いてみたいと思います。









    スポンサーサイト

    テーマ : 田舎暮らし日記
    ジャンル : ライフ

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    mjaak995321

    Author:mjaak995321
    2011年12月より新しい生活をスタートさせました。
    よりよい生活を目指し試行錯誤の日々です。

    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新トラックバック
    閲覧者数
    2011年9月5日~
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。