スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    砂の流出問題




    夏休みですね。



    夏休みと言えば冒険です。



    昨日、日曜日ながら出勤したのですが、
    なぜか職場につくと浮浪者風の青年(失礼)が困ったように佇んでいました。


    聞いてみると埼玉から自転車で北海道を目材している大学生で、
    肝心の自転車がパンクしてしまい、職場の目の前にある自転車屋さんが開くのを待っていたのですが
    なんと電話してみるとホンジツ定休日。。。という状態で、


    近所に他に修理屋も見つからず途方に暮れていたとのことです。



    自転車旅をする若者は大好きなので、私がパンク修理してあげようと申し出て、
    修理セットを取りにいちど家に戻りました。




    いざ修理してみると2か所もパンクを発見。


    さくっと直しましたが、この青年はこの先、大丈夫でしょうか??


    装備を見てみると少し心許ないような、、、
    高校生の持つスクールバッグみたいなのを何個か背負って、
    自転車にくくりつけているのは荷台に寝袋ひとつだけ。



    修理道具類は持っていないようでした。
    この先、北海道へ行くともっと過酷になるだろうに。
    むしろそんな細いタイヤでよく青森まで来れたもんだと。


    フレンチバルブだと気軽に空気入れを借りるわけにもいかないだろうし。




    しかし、そんな無茶な若者に、
    無茶に憧れはするものの実行に移せなかった自分を重ねてしまい、

    応援してしまうのでした。





    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




    春先あたりからおかしいぞ?と思いつつ、
    様子見の名のもとに放置してきたわが家の敷地に敷かれたシラス。

    大雨を何度か経て、もう私ひとりでは手がつけられない状態にまでなってしまいました。。






    DSC_0548.jpg




    さすがに近所から苦情が寄せられたようで(隣の実家に)、
    見かねたオジサンが敷かれたシラスを撤去して砕石を敷けばいいじゃないと
    しかもその作業まで自分で買って出てくれるというなんともありがたい話。


    その話が私のいないところで進んでいたことだけが少し不満ですが。




    DSC_0478.jpg




    流出がひどかった裏側は全面に砕石を敷いてくれました。





    DSC_0474.jpg




    正面側は縁の部分と隣との境の部分。





    DSC_0476.jpg





    作業は平日の日中に行われたため、私は手伝うことができずに恐縮ですが、
    この炎天下のなか、汗だくで作業してもらったようです。

    しかも砕石の実費だけ払ってくれればいいよとのこと。

    さすがにそれでは申し訳ないので、
    後日、一升ビンでも持ってお礼に伺おうかと思っています。




    まだ雨が降っていませんが、
    薪ストーバーにはあるまじきことかもしれませんが



    雨が待ち遠しいのです。スミマセン。。。




    スポンサーサイト

    テーマ : 家を建てる
    ジャンル : ライフ

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    mjaak995321

    Author:mjaak995321
    2011年12月より新しい生活をスタートさせました。
    よりよい生活を目指し試行錯誤の日々です。

    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新トラックバック
    閲覧者数
    2011年9月5日~
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。