スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    娘と初めてのデート


    今日はもうすぐ9か月になる娘とショッピングモールでデートしてきたのです。




    というのも、妻が所属する職場の男女共同参画サークルの行事で
    五所川原市の津軽金山焼で焼き物体験をするというので、
    送り迎えと作業中の子守りを任せられたのです。


    本当はバスが出てみんなで乗っていくのですが、
    妻がいないと誰も相手ができなくなる娘のために
    わが家だけ私が車を出して現地集合ということになりました。




    五所川原市の津軽金山焼の工房へ着くと、
    さっそくピザ窯が出迎えてくれました。




    P1000731.jpg




    隣接するレストランで窯焼きのピザを食べることができます。
    このピザ窯はキット販売されているようで、
    一式10万円だそうです。高いのか安いのか全く分かりません。





    P1000729.jpg




    で、肝心の焼き物の窯はこのような感じです。
    ベビーカーを押し押し探検しました。





    P1000730.jpg



    ストーバーの宿命でしょうか、



    普通の人は目もくれない燃料に目が行ってしまいます。


    なんと意外も意外、主な燃料は建築廃材のようです。
    倉庫のようにこのブロック状の廃材が積み上げられていました。


    そしてまた意外なことに集成材が多く含まれていました。



    私の勝手なイメージだと、


    『やっぱり赤松でねーばまいねよ、温度が上がんねんだ』


    っていうのを期待していたのですが、がっかりです(あくまでストーバーの視点)。







    で、妻が作業している間は近くのショッピングモール
    『エルムの街』という、悪い夢を見そうなネーミングのところでお昼を食べに行きました。



    このモールには、『津軽ラーメン街道』という、
    なんとも青森県民の好きそうなストリートがあって、


    期間限定で全国の有名ラーメン店が5~6軒入れ替わり立ち替わりで出店しているのです。



    普段は煮干オンリーの生粋ツガリアンな私ですが、


    ここへ来るとつい奇抜な、
    というか『どんな味か想像がつかない』ものを選んでしまいます。



    それが毎回、残念な方向へ転がってしまうのですが。。。




    今回こそは!と選んだのは『ひるがお』の塩つけ麺。





    P1000736.jpg




    この表現が伝わる人はなかなかいないと思うのですが、



    期待して食べたラーメンがお好み焼きの味だったときほどがっかりすることはありません。。。


    きっと、煮干好きな人ならこのニュアンスのかまりっこぐらいは理解してもらえるかもしれませんが
    残念ながら今回のつけ麺はお好み焼きの味がしました。。。 orz...


    数あるラーメンの中から、
    つけ麺らしからぬ麺のフォルムで決めたこのつけ麺なのですが、


    意外と太いのね食べてみると。


    あっさりなスープに比べて粉っぽさが感じられてしまいました。


    スープも干し貝柱が底に沈むほど贅沢にホタテを使っているのでしょうが、
    それは青森ではなかなか難しいのかもしれませんね。。


    あくまで私の好みだとお断りをさせていただきます。



    ~~~~~~~~~




    私だけお腹いっぱいになったあとは、
    となりでお利口さんにして父のすするのを眺めてていた娘を解き放ちます。




    P1000733.jpg




    妻には内緒でキッズコーナーで一緒に遊びました。

    私には目もくれずにブロックに突き進みます(笑)


    土曜日の割に空いていたキッズコーナーは娘の独壇場。


    普段は家の中で転ばないかとか、角に頭をぶつけないかとか心配ばかりで
    好きなように動かせてあげることができないでいるので
    思うままに動き回る娘を見て私も癒されてきました。



    お腹のすいた娘と二人きりでいるのは2時間が限度。


    泣き虫タイマーが作動する直前で金山焼に戻り、妻にタッチ。



    妻は1時間もかけてただただ土を平らに延ばしていた模様です。




    P1000732.jpg




    どうやら私がカレーを食べるお皿を作ってくれていたようですが、
    私には作りかけのピザにしか見えませんでした。





    妻がもう少しかかりそうなので
    私と娘でかき氷を食べることにしました(娘は目で楽しみます)。



    アルバイトの高校生と思われる女の子にイチゴミルクのかき氷を注文。


    直前に入っていた注文のこなし方を見てすこし不安になったのですが、
    注文後にキャンセルするほどの確信が持てずに、かき氷ができるのを
    ただただ祈るような気持ちで眺めていました。





    P1000728.jpg





    で、できあがったのがこれです。


    イチゴミルク300円。



    高校の学園祭でもこれよりいいのが出てくるような気がします。


    が、頑張っていたのでおじさんは何も言えないのです。





    P1000727.jpg



    気を取り直して食べようと、かき集めてみたらこうなりました。
    (注:まだ一口も食べていません)



    最後の最後でミソがついてしまいましたが、
    娘と遊んだキッズコーナーが楽しかったので今日は大満足です。



    あとは1カ月後に焼きあがってくる予定のカレー皿に期待しておきます。



    スポンサーサイト

    テーマ : 田舎暮らし日記
    ジャンル : ライフ

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    mjaak995321

    Author:mjaak995321
    2011年12月より新しい生活をスタートさせました。
    よりよい生活を目指し試行錯誤の日々です。

    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新トラックバック
    閲覧者数
    2011年9月5日~
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。