スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ジレンマ




    先日、東通村の東北電力東通原子力発電所を見学する機会に恵まれました。




    higashi.jpg




    原子力についての是非を語る気は無いのですが、
    人間ってのはすごいことを考えるものですねぇ。。



    なんでこんなものから電気を生み出そうとしたんでしょうか。




    しかし発電所のセキュリティもしっかりしていて、
    また地震や津波に対する備えも震災を機に見直したそうで、
    防潮堤も3メートル増設し、建屋のガラス窓もコンクリートで埋めるなどしていました。



    電力さんのペースで説明を聞いていると、対策が万全、なような気になってきます。


    いかんいかん、常に疑う気持ちを持っていなければ。


    ちなみに東通の原発は震災時、定期点検で稼働していなかったそうです。
    現在もストレステストの結果待ちで、電線から電気を受け取って各種機械を動かしているようです。



    で、今後、もし稼働することになれば
    その大きな送電線に乗って逆に電気を供給することになるのですが、


    送電線は広くつながっているので、


    『東通原発で作られた電気はここからここまでの範囲に供給します』


    というわけにはいかないのだそうです。


    ここがなんだかなーと思ったんですが。


    原発に反対する人も知らず知らずに原発で作られた電気を使わざるを得ないんですよね。


    『そんな汚れた電気なら使わない』といって
    電気を止めてしまえる人なんかほとんどいないわけですし。


    そして、原子力関連の施設で働いている人の多さ。
    善し悪しは別として、地域の産業として欠かせないものになってしまっています。



    もちろん、事故は論外です。



    『もしも』の影響は大きすぎるし、
    ほんのわずかでもそのリスクがある以上、
    原発が無いに越したことはないのですが。



    考えれば考えるほどジレンマに陥ってしまう私なのであります。



    ただ、動かしようのない事実がそこにはあって、
    使用後の燃料はそれなりの処理が必要で、
    いくら原発を全廃しても今まで使用してきたものの処理をしなければなりません。

    しかも数百年のスパンでです。


    娘が産まれる前の『便利さ』のために、
    彼女の数世代後まで管理し続けなければならないわけです。

    その事実だけで『負の遺産』と捉えるには十分なのかもしれません。




    私は今回まで、福島の事故がどこか、
    遠い異国の出来事かのように感じられていたのかもしれません。

    猛省です。

    これからの時代を生きていく娘のためにも、
    身近で何が行われているのかだけでも知っておかなければと強く痛感した次第です。





    スポンサーサイト

    テーマ : 田舎暮らし日記
    ジャンル : ライフ

    コメントの投稿

    非公開コメント

    原発反対

    ほくでん、泊原発停まってます。
    来週から計画停電の可能性があります。
    節電次第で、停電しない可能性もあります。
    昨年並みの電力使用量だったら、停電しなくても足りるそうです。
    ですから原発無くてもいいってことですね。
    放射性廃棄物の処理方法が無い現状では、極力原発を稼働させない方向で。
    理系の人間がこうではいけないのかもしれませんが・・・

    No title

    東通原発の次の日、
    六ヶ所のサイクル施設も見学してきました。

    燃料そのものの処理ももちろん大変そうでしたが、
    防護服や資材など、作業に使って汚染された物も
    黄色いドラム缶に詰めて広い土地に並べられていました。
    そのような管理されたものでもかなりの土地を占めてしまっているので、
    震災の汚染ガレキなんてどう手をつけていいのか想像もつかないです。


    事前に知らされていても停電は困りますよね、
    家電製品にも負担掛かりそうですし。
    プロフィール

    mjaak995321

    Author:mjaak995321
    2011年12月より新しい生活をスタートさせました。
    よりよい生活を目指し試行錯誤の日々です。

    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新トラックバック
    閲覧者数
    2011年9月5日~
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。