スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    和紙壁の盲点

    まさにタイムリーな記事です。
    ゆっくり朝ごはんを食べてブログは夕方にでもと思っていたのですが、


    妻が朝からやってくれました。




    わが家の壁はクロスに和紙を貼っているのですが、


    紙なのでどうしても弱い部分があります。

    その最たるのが水です。





    DSC_0002_20120710062848.jpg




    先ほど、新聞を読み終わってふと見てみると、
    妻が一生懸命、隠れて壁をトントンしていました。


    冷蔵庫の下部分の壁なのですが、
    どうやら餃子を落として、壁に濡れた小麦粉がついてしまったようです。


    なぜ朝から餃子なのか!?という疑問はおいといて、

    なぜ濡れ布巾で叩いてしまったのか?ということです。



    ちゃんとキレイに乾いてくれるのでしょうか(笑)?


    これは要経過観察となります。





    このほかにも、すでに痛んだ部分が何か所かあって、
    引っ越し時に何かを擦ってしまって黒くなっていたり、
    ひどいところだと擦れて毛羽立ってしまっているところもあります。

    これから娘が大きくなり、落書きを覚えるとなるとさらに頭が痛くなります。
    油染みなんかにはめっぽう弱いと思います。和紙。



    市販のビニールクロスの類には、
    水拭きできるものや、クレヨンも落ちます!みたいな商品もあるとか。


    しかしそんなケミカルな製品に囲まれた生活は本望ではないのです。


    多少の汚れや傷は慣れれば味になります。(と、自分に言い聞かせ)






    今のところ、やっぱり和紙にしてよかったなという、


    なんとも親バカな記事でした。お粗末さまなのです。





    スポンサーサイト

    テーマ : 田舎暮らし日記
    ジャンル : ライフ

    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    我が家のリビングは珪藻土の塗り壁で、自分で塗ったので補修できるのですが、いまだに補修した箇所がありません。
    いくつか擦れて削れてきてしまった部分がありますが、それも味ということで(単に面倒なだけか(笑))
    水には比較的強いと思います。
    じめっとした日は湿気を吸って、乾燥した日は吸収した湿気を放出しているらしいです。それだけに、寝室や他の部屋にもやれば良かったかなと思うこともしばしばですが、塗る時間が確保できないだろうという予測で断念したのが真相です。

    キッチンや水回り近くに和紙はちょっと冒険かと思いますが、他の居室に和紙はイイですね。自然素材好きです。

    ぎょうざ

    朝から食べたくなったのでしょうか。
    そちらも気になります。

    No title

    わが家も塗りは2階の2部屋だけにしましたが、
    それでも塗りながら後悔したものです(笑)
    ペンキ類と違ってボテっと塗りにくいですね。
    全部プロにお願いすればよかったーと塗り壁に関してだけは思いました。


    ちなみに、妻さんの概念に朝とか弁当とか避けるべきおかずはないようです。
    餃子もニラなんかも平気で入れようとしますが必死で阻止してます。
    プロフィール

    mjaak995321

    Author:mjaak995321
    2011年12月より新しい生活をスタートさせました。
    よりよい生活を目指し試行錯誤の日々です。

    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新トラックバック
    閲覧者数
    2011年9月5日~
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。