スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    食器棚の棚追加

    昨年末に入居してから2カ月が経とうとしています。
    住んでみても基本的に不満はないのですが、
    ひとつだけ「こうすればよかった」というポイント。


    キッチンの背中側に造作してもらった食器棚です。



    DSC_0034.jpg



    左上のスペースが大きく空いているのですが、
    高さがありすぎて余してしまっていました。


    食器を並べて終わりだったのですが、
    せっかくなので、棚を追加してもらうことにしました。


    朝9時に棟梁が訪ねてきて高さと奥行きの確認。
    工房で材をカットして10時に再び来てもらいました。




    DSC_0282.jpg




    ダボで棚を支える式で2段分つけてもらいました。
    その気になればいつでも高さ調整ができます。


    圧迫感の出ないように奥行きは5センチだけ短く。
    これは棟梁のアドバイスなのですが、なかなかうまくはまりました。
    今後、もし扉をつけることになってもこの5センチでちょうど収まるとのこと。
    さすがのプロの目線ですね。


    ホームセンターで板を買ってきて付けることもできたのですが、
    せっかくの造作家具(わが家では数少ない)なので、
    ちゃんと県木住を通して依頼することにしました。
    材木も同じものを使ってくれるので見栄えもばっちしです。



    ちなみに、県木住さんで使っている材は、
    『Jパネル』という杉の集成材だそうです。
    集成材といっても細長い棒をくっつけて板にした集成材ではなく、
    薄い無垢の板を、縦、横、また縦と3層に集成した材です。
    交互にすることで反りも抑えられ、また表面も無垢材のようにキレイです。
    やはり値段は張りますが、出来上がりの感触は抜群です。



    今回、棚板の注文に加えて
    この『Jパネル』をお願いして分けてもらいました。




    DSC_0283.jpg



    これがどうなるかは、また別のお話。
    スポンサーサイト

    テーマ : 家を建てる
    ジャンル : ライフ

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    mjaak995321

    Author:mjaak995321
    2011年12月より新しい生活をスタートさせました。
    よりよい生活を目指し試行錯誤の日々です。

    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新トラックバック
    閲覧者数
    2011年9月5日~
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。