スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    秘密の薪棚の状況報告(12月末)



    大みそかです。



    年越し寒波と呼ばれる強い風が吹いています。


    今日は妻のお友達が大勢遊びに来てくれました。


    娘も同じ年ごろのメンズに囲まれてご満悦のようでした。


    お昼寝もせずに遊んで今年は紅白も最後まで見れないでしょう。




    さて、薪の状況です。




    秘密の薪棚の様子はこんな感じ。





    DSC_0179.jpg




    右側に残っているのが去年の残り。


    2年物はこれで終了です。



    やはり1ブロックで1カ月と見ておけば大丈夫そうです。


    12月1月で秘密の薪棚を使い切り、


    2月3月の分を移動してもう1回使うパターンになりそうです。





    今日はこれから私の実家へ行ってきます。



    私も紅白を最後まで見れるかは謎。



    (ヒント:もう10年以上も起きて年を越したことは無い)









    スポンサーサイト

    テーマ : 田舎暮らし日記
    ジャンル : ライフ

    餅つき大会に参戦



    12月も30日を迎え、

    年賀状の残り枚数ばかり気になって仕方ありませんが、



    来年のお供えも気になる所であります。




    今日は県木住のユーザーさんが集って餅つき大会をしました。



    といっても、実質、県木住さんによる接待みたいなもので、


    ちょうどいい頃に到着していいとこだけ味わって帰るという、


    なんとも申し訳ない気持ちでいっぱいです。





    DSC_0121_20121230212815.jpg




    主催者発表によると、総勢50名超の参加で賑わいました。



    臼も4か所でフル稼働です。





    先日の丸太ベンチ作りや薪狩り会でお世話になったユーザーさん方に挨拶して回り、


    むしろそっちの方がメインなのか!?といった感じです。



    何人からは「よくブログ見てるよー」と声をかけていただき、


    『妻あるある』で有名な妻をお披露目することができました(笑)



    皆さまから『これが噂の……』といった絶妙の表情をいただき

    ブロガー冥利に尽きる次第であります。





    会場では、つきたてのお餅を持ち込んで作ってもらう形式のフードコーナーもあり、



    わが家を設計してもらった県木住Y氏のご令嬢によるいちご大福をはじめ、


    もちピザ、おしるこ、雑煮など、お餅メニューがズラリでした。




    DSC_0168_20121230212817.jpg




    もちピザはこんな出来上がりです。


    よほど気に入ったのか、もしくはお供えにするのに飽きたのか、


    妻はついた餅のほとんどをピザ生地に成型して持って帰りました。



    正月にかけてわが家のヘビーローテになるかもしれません。




    DSC_0171.jpg





    肝心のお供えはこんな感じです。



    参加した女の子にお供え用のミカンをもらって、



    ちょこっと乗せるとたちまちそれらしくなるから不思議。





    DSC_0177.jpg





    なんとか無事に正月を迎えられそうです。




    しかし、今回も最後まで居られずに退場してしまいました。。。



    後片付けを県木住スタッフと一部のユーザーさんに任せてしまいました。。。


    スミマセン来年は娘がもう少し大きくなるので片付けまで頑張ります。



    県木住さん、今年もありがとうございました!!



    (来年もよろしくお願いします)


    テーマ : 田舎暮らし日記
    ジャンル : ライフ

    え?いきなりですか!?



    ついこないだ建ったばかりのつもりでいたガレージですが、




    早くも錆が浮いてしまいました。。。




    DSC_0075_20121228044831.jpg




    この部分は電源の引き込みを依頼した箇所なのですが


    ケーブルを固定するのにビス穴をあけたカスが錆びて付着しているのか?


    それとも普通に本体が錆びてしまっているのか?



    前者にモーレツに期待しています。


    とりあえずこの錆は指でふき取っておきました。浸食していかないことを願っています。。。



    テーマ : 田舎暮らし日記
    ジャンル : ライフ

    カーポートの風雪対策 その3


    前回、パネルを建てるところまで進めたカーポートの壁ですが、



    このパネルにコンパネを貼りつけて壁にすることにしました。



    これで筋交いの役目もしてくれるはずです。




    DSC_0078_20121227205031.jpg




    雨や雪に耐えて欲しいので、少し奮発してウレタンコートのコンパネにしてみました。



    しかしホームセンターで買える3×6(サブロク)板は縦にしても横にしてもちょっと足りない。。


    結局つぎはぎが目立つ感じに仕上がってしまいました。。。




    DSC_0076.jpg




    内側はOSB合板で。



    県木住のS氏に依頼して3×10板を取り寄せてもらいました。


    これをちょうど良くカットして横に貼っています。




    少しはみ出した部分はもうちょっとだけ工夫してみることにします。




    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



    この写真は1週間前の作業の様子なのですが、



    ほんの1週間で見違えるほど冬景色に変わってしまっています。。。


    この雪の中で完成させられるのでしょうか……。


    それは私の年末年始の頑張り具合にかかっています。。。




    テーマ : 田舎暮らし日記
    ジャンル : ライフ

    カーポートの風雪対策 その2


    先日から着手したカーポートの風雪対策ですが、


    土台の上にパネルを立てて骨組みにすることにしました。




    DSC_0080_20121226210856.jpg



    いつもの2×4材で四角に(何も考えずに)組んでいきます。



    で、今回はカーポートの柱に固定する必要があるので、

    いつもの木ネジではなく、『ドリルネジ』というビスを使います。



    DSC_0081.jpg



    先っちょがドリルになっているので下穴が必要ないとのこと。


    金属板に木材を固定するためにはこういうビスが必要だそうだ。


    木ネジと違って根元まできっちりネジが切ってあります。





    DSC_0083.jpg



    思い切って柱に固定しました。


    新品のカーポートに穴を空けるのには躊躇しましたが、


    妻の居ぬ間にやってしまえ!なのです。



    ネジが根元まで切ってあるため、少し柱と木材の間が空いてしまいました。。。


    でもこのまま強行するのがB型クオリティ。


    どんどん進めていきます。




    DSC_0084_20121226210859.jpg





    柱の間隔は2メートルとちょっと。


    ホームセンターで気軽に買える長さが6尺(約182センチ)なので、


    少しだけ足りない。。。


    これはこのあと、いろいろと不都合が出てくるのですが仕方ありません。。。




    DSC_0085_20121226210856.jpg




    同じパネルをふたつ接続し、1面分が準備できました。





    DSC_0086.jpg



    そして今回も防水対策です。


    柱の隙間から水分が入り込むと、ネジ穴から錆びてしまいかねないので、


    しっかりコーキングして防水を取りたいと思います。



    ホームセンターでよく見かけるこれです。




    DSC_0087.jpg





    このコーキングガンに装着してグニュグニュと押し出していくのです。



    DSC_0088_20121226210919.jpg




    聞くところによると、このグニュグニュをならす道具もあるようですが、



    ワイルドな私は指!


    指でなぞってあげるとある程度きれいに隙間を埋めることができます。




    DSC_0090_20121226210935.jpg




    この日はここで終了となってしまいました。


    やはりこの時期は日が短い。。。


    そして翌朝にはビュービューと風雨が吹くことになるのですが、



    この時の私には思いもよらなかったのでした。。。




    テーマ : 田舎暮らし日記
    ジャンル : ライフ

    晴れたのでもうひと頑張り



    先日、県の事業で原木をもらってきた現場ですが、


    降雪とともにお終いと思ってたものが、
    この週末できれいに晴れたのでもうひとふんばりと一杯分だけ頑張ってきました。




    P1000959.jpg



    現場へ到着してみると、なんと砂利で通路が作られていました。

    これで原木の山に軽トラが横付けできるようになりました。



    もっと早くからやってくれていれば・・・


    前回、何十往復と歩いたのは一体なんだったのかジーザス。。。




    P1000957.jpg



    こんな山や、



    P1000958.jpg



    こんな山がすぐそこにあるのです。



    これは1人作業でも捗るでしょう、


    とタカをくくっていたら、地面に接している部分が凍っていました。。。


    引き剝がすのに少々難儀しましたが、テコの原理を駆使してメリメリやりました。




    P1000956.jpg



    積み降ろし含めて1時間ほどでこのぐらい確保できました。


    これはなかなかパフォーマンスのいい現場かもしれません(前回と大違い)。



    終了宣言はしましたが、


    もしかすれば次の週末でまさかのもうひと踏ん張りがあるやもしれません。


    多少の雪でも強行する価値があるような気がします。





    テーマ : 田舎暮らし日記
    ジャンル : ライフ

    カーポートの風雪対策

    先日、無事に完成したカーポートですが、


    地吹雪激しい青森の冬には少し頼りないのも残念ながら事実です。



    真横から巻き上げるように吹き付ける風雪にはほぼ無防備と言ってもいいのかもしれません。




    そんなこともあろうかと、カーポートには『サイドパネル』という、

    壁のように取り付ける透明なパネルがオプションで設定されています。



    しかし、高いのです。。。



    本体以外に追加で費やす余裕も無く、


    また、収納というポジティブな点で言っても、


    やはり、


    自作するしかないという結論に至ってしまいました(笑)



    その辺を妻に許可を取ろうと、


    綿密な設計と試算を重ねて、



    約5万円ほどのプランを立てて交渉へ。


    もちろんカーポート本体とガレージの支払いがあるので
    即答はしてくれませんでしたが、そこは強行。


    妻不在の間に外堀を埋めるかのごとく基礎部分に着手してしまいました。



    DSC_0064_20121221214857.jpg




    まずはカーポートの柱の間に束石と90ミリの角材を渡します。


    当然水平は大事な要素です(あくまでB型水準)。




    DSC_0067_20121221214855.jpg





    今回も基礎パッキンで腐食対策をします。





    DSC_0069_20121221214820.jpg





    角材と束石は『コーチスクリュー』というボルト頭の太いネジで固定します。




    DSC_0070.jpg



    これで締めてもいいのか定かではありませんが、

    よく車のタイヤ交換に使う(のも正しいのか謎)レンチを使って締めました。




    DSC_0072.jpg



    やはり土地に傾斜があるため、角材はそれぞれ水平ですが、


    少し段差ができてしまいました。。。


    まあ、仕方がありません。




    DSC_0071.jpg



    今回、とても活躍してくれたのがこのコンセント。


    実はガレージに電源を引く際に、リビングの掃き出し窓の横に増設してしてもらっていたものです。



    このコンセントには今後、大活躍してもらうことになるのですが、


    それはまだまだ先の話。





    新築時にあれほど悩んで決めたコンセントや外水道の位置ですが、


    やはり暮らし始めてから必要になってくる部分も多いです。

    今回は比較的簡単に増設できて解決できましたが、



    家作りはやはり奥が深い。



    3度も建てないと納得のいく家造りが出来ないというのもなんかわかる気がします。




    明日からの連休(まともに休める日は久しぶり!)で

    どんどんと作業を先に進めたいと思います。



    なんとか持ちこたえてくださいお天気様!!

    年賀状の量産体制なう


    2012年もあと半月を切り、

    ちょっと焦っているのは受験生でしょうか。


    私も1ヶ月も早めに買ったものの、年賀状をずっと放置していたため


    やはり焦っています。




    筆マメな妻の影響もあり毎年100枚以上も年賀状を交わすわが家ですが、



    隣の実家も同じように大量の年賀状を書いているようです。



    結婚してからその実家の分も印刷するようになり、


    今年もなんやかんやで400枚ぐらいの年賀状をプリンターで印刷する予定です。





    DSCN9735.jpg





    まずはなによりも義祖母ちゃんの分から。





    私の夜はプリンターのシャーシャーガチャンという音で更けていきます。







    中細割りが大切です

    このところ、ようやく正しい薪ストーブの焚き方の


    カケラみたいなものがわかってきて、


    『中細割り』の薪を常備するようになりました。




    というのも、焚きつけから火が大きくなって、


    『どんな薪を入れても火が回る』状態になっても、


    まだ大割りや広葉樹のズッシりした薪を入れるのには少し早くて、


    まずは何よりもストーブ本体の温度を上げることが大事だと気付いたのです。



    もちろん、そんなことはストーブに憧れてた頃から

    頭では知識として知っていたのですが、

    改めて経験からの知識として自分のものになりつつあります。



    わが家ではストーブの巡航温度がで250℃~350℃なのですが、


    その温度帯に持って行くまで、


    中細割りの薪で空気をガンガンに送って焚くのが暖かいのです。



    というわけで、杉の中細割りを割ってコンテナに保管していました。



    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



    先週くらいから仕事が忙しく、週末も出勤が続いていました。



    この間、20時過ぎに帰宅すると娘を寝かしつけながら


    妻もリビングのソファでうたた寝をしていました。



    室内も暖かく、「お?うまく焚いたな?」と


    喜んでストーブの火を見に行くと…




    妻にやられてしまいました。。。。




    DSC_0079_20121217212151.jpg



    スタート用の中細割りを、メインで使われてしました。。。。


    後から妻に聞いてみると「手が届くところにあったから」という理由でした。。。



    その日の朝にはこのコンテナに満杯に詰まっていたのに。。。



    雪の中、コツコツと割った記憶だけが残っています  orz...





    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~






    これまでは秋口に杉だけでパッと燃やしてしまって家を暖めるという方法をとっていました。


    すべて貰い物なので燃料代無料だなーと喜んで焚いていましたが、



    今になって思えば、


    やはり薪の樹種にも適材適所があるのだなーと。


    杉なら杉だけで焚くのではなく、

    『燃えやすい』という長所を生かして他の樹種とミックスしてたくのがよさそうです。


    杉はかさばるから先に燃やしてしまおうではなく、


    シーズンを通して中細割りとしてうまく使って行きたいと思います。



    ということは、大割りで積んである杉を細く割りなおさなければ…




    まだまだ薪づくりは真っ盛りなのです。

    テーマ : 田舎暮らし日記
    ジャンル : ライフ

    ガレージにも家屋調査!?


    週末に電気を引いて一応の完成を見たガレージですが、



    早速、県のお役人さんによる家屋調査が入りました。。。



    そもそも届出関係は頭になかったのですが、


    基礎工事が入った次の日には「何作ってるんだ?」と役場から電話。。。



    狭い田舎の仕方がない所かも。。。




    そんなこんなで県木住さんにお願いして建築確認を申請し(福澤氏6人が追加招集)、


    固定資産税を見積もる家屋調査があったわけです。




    しかし今回のようなスチールガレージ(イナバやヨドコウ)は、

    軽量鉄骨造の建物になるので役場の職員ではなくて県の職員でないと見れないとか。


    既製品を組み立てただけだから家を見るより簡単そうなんですがねぇ。。




    そんなこんなで来年から固定資産税がちょっと高くなることに。。。



    試算してもらったら年間で8千円くらいのプラスになるとか。



    うーん、微妙に仕方ないかーとも思える額なところが憎いです。




    まあ、それでもしっかり義務は果たしたということで、



    胸を張って手を加えていきたいと思います!!





    しかしそれはまた別の話。




    資材の到着を待っている状態です。





    テーマ : 田舎暮らし日記
    ジャンル : ライフ

    電源の引き込み




    イナバのガレージに土間コンを敷いて1週間。



    まだ車は入れられないようですがガレージの中に入ることは許可が下りました。

    早速、電源の引き込み工事が始まり照明と、コンセントが設置されました。



    DSC_0054.jpg



    雪の降る中での作業、お疲れ様です。



    DSC_0057.jpg



    ガレージ内も同じくらい寒い。

    素手での作業やはりお疲れ様です。



    スチールガレージも良くできたもので、

    電源の引き込み用の穴が屋根の下についています。

    そこからケーブルをニュルニュル差し込めばすぐに完成。

    ほんの2時間程度で終わってしまいました。






    その作業を見ながら県木住のS氏に今後の改造の相談をしました。


    が、その内容は別の話なのです。



    テーマ : 田舎暮らし日記
    ジャンル : ライフ

    今年の割り納め



    先日、岩木川の薪狩りに参加していただいた薪を割った所ですが




    P1000922.jpg





    先週、地元でもらってきた薪も割りました。



    廃材で組んだ薪棚も満杯になり、


    無事に来年の準備が整いました。




    P1000937.jpg



    だいたい180×150の4列分です。



    一番奥が松なので再来年まで寝せておきますが、

    手前の3列は来年には十分に薪として活躍してくれると思います。


    とりあえずのブルーシートをかぶせましたが、


    なんなら雨ざらしのままでも問題ないと考えています。





    そして、今回割り残した原木と玉切りがこちらです。




    P1000936.jpg





    P1000935.jpg




    雪解けとともにすぐ割れる状態です。


    割ってすぐまた積んでおけば来シーズンにギリギリ間に合うかもしれません。


    そんなにギリギリの薪を使わないように今シーズン頑張るのも大事ですが。




    あとはしばらく薪狩りや薪割りはお休みして春を待とうと思います。



    この冬は焚きつけ祭りが毎週のように開催される予定です。



    もちろん出場選手は私だけ(笑)



    コツコツ焚きつけを割っていきたいと思います。




    テーマ : 田舎暮らし日記
    ジャンル : ライフ

    ガレージが組みあがりました


    先々週から動き始めたガレージ計画ですが、



    布基礎が乾き、先週の木曜と金曜で立ち上がりました。



    DSC_0152_20121204213107.jpg




    これが基礎の上にアンカーで固定して建てられている状態ですが、


    風が吹いただけでグラグラ揺れています。ちょっと心配になります。。。



    DSC_0165.jpg



    それでもシャッター以外の壁が組みあがればそれなりにがっちりとしてきました。


    さすが『100人乗っても大丈夫』のイナバです。


    まあ、これから降る雪のほうが何倍も重いんですけどね。。





    DSC_0004_20121204211651.jpg



    金曜には屋根とシャッターも付いて外観は完成です。


    どうです、意外と違和感も無くて安心しました。


    ただ、さすがに質感のチープさはどうしても拭えないなーと。


    でもその点はこれからの工夫で挽回していきたいと思います。



    現在、ベタ基礎部分とシャッター前のタタキを打ったところで乾燥待ちです。


    妻との約束で『キレイに使う』ことを条件に建てた経緯がありますので、


    完成した暁には『キレイに使う』ためのDIY工事に取りかかりたいと思いますが、




    それはまた別の話。





    灯台元暗し


    先月の頭に土日を使って参加してきた薪集めサークル『くべる部』の薪狩り会



    実はその際に会員の方から別件の薪情報をいただいていました。



    しかも弘前まで遠征しなくてもよいのです。



    まさかのまっちゃん、わが家からほんの5分の現場です。



    弘前の岩木川の現場は国の管理でしたが、



    今回の現場は県の管轄。


    河川維持工事(要は河川敷の木の伐採)で出た木材をもらえるという話です。


    青森県もなかなかいい仕事をします。



    しかしこの情報をもらってからネットで探しましたがなかなか見つからない。


    これでもかと探し回ってやっと行き着きました。


    情報を提供していただいたKさん、ありがとうございました。






    さて、今回の現場も川沿いです。


    岩木川よりは若干規模も小さくなりますが、木はたくさん生えてたようです。


    県のホームページで調べた受注業者さんに直接連絡を取って現場で待ち合わせでした。



    昨日の朝は天気も良く、意気揚々と向かうと先客が。


    よく見ると見覚えのある軽トラです。


    あれ?県木住って書いてあるぞ…


    情報を教えてくれたKさんがすでにスタンバっていました。



    DSCN9700.jpg



    右側に土手が見えますが、軽トラが入れるのはここまで(汗)


    いきなり汗が噴き出してきましたが、


    とりあえず先まで歩いてみることに。




    DSCN9701.jpg



    業者さんが伐採してある程度まとめてくれていましたが、


    「細い枝(ギリギリ薪になる)」と「小枝(ならない)」が混ざってしまっていました。。。


    それでも業者さんは「細いのも持って行ってね(ハート)」と一言。



    DSCN9703.jpg



    このぐらいの原木だけ選んで持って行っていいものと思っていたのですが



    さてどうしたものか。。。




    軽トラをつけられる場所がちょっと先にあったので移動し、


    まずは太い幹を軽トラ一杯分詰め込み、薪置き場へ置きに行きました。


    1人で持ち上げられない太さのものはチェンソーでカットします。





    DSCN9706.jpg



    これが1往復目。



    原木の質的にもコンディション的、テンション的にも本日のピーク(笑)


    ヤナギとアカシアのミックスです。


    まだ生木なので重いですが、きっと乾燥すればスカスカになっちゃうことでしょう。。。



    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



    で、2往復目からは少しずつ軽トラから原木が遠くなっていきます。。。


    30メートルほどあるところから切った玉を持って往復しなければなりません。。。


    しかも土手もあるので登り降りもあります。


    雪も降ってきます。。。




    DSCN9710.jpg



    写真では爽やかにも見えますが1人でツライ作業でした。


    先日解散を発表したファンキーモンキーベイビーズの「4」を聞きながら歩きます。


    雪が降っているのに汗だくです。


    気が遠くなりそうな量に視界も白く曇ってきました。


    めまいかな?と思ったら


    保護用のゴーグルが熱気で曇っただけでしたが。


    気を取り直して歩きます。


    玉の数だけ歩きます。


    歩きます。



    DSCN9713.jpg



    歩いた成果がこれです。


    昨日は昼過ぎまで3往復分だけ原木をいただきました。


    Kさんも3往復したようでなによりです。



    DSCN9711.jpg



    実は、対岸の彼女にはちゃんと土手に道路がついていて、

    軽トラがすぐ近くに横付けできるようです。


    業者さんの指示で手前からの作業となりましたが

    こちらが全部片付いたら向こう岸が解禁になるとか。。。



    しかし手前すら片付く気配もありません。。。


    私とKさんで手前岸の4分の1ももらってないはずです。。。



    そうしているうちに雪も降ってこの現場は時間切れとなってしまうかもしれません。。。






    残された木材は処分される運命にあるのでしょうか…


    テーマ : 田舎暮らし日記
    ジャンル : ライフ

    秘密の薪棚の状況報告(12月)


    今日から12月に入ってわが家の周りも一気に雪景色です。


    まあ、雪の降る気配すらない頃から
    ストーブも遠慮せずにガンガン焚いてましたのであまり変わりもないのですが。


    先月中に満タンにした秘密の薪棚ですが、


    ほんの10日ほどでどんどん使ってしまっています。。。


    12月1日の様子がこちらです。



    DSC_0180.jpg




    思いの外、消費しているような気がします。


    (勝手口が汚いのはご愛嬌です。。。)



    DSC_0385.jpg


    この写真が11月19日のものですので、

    やはり10日間でこのぐらいの消費があったということになります。


    とはいえ、この部分は杉やスカスカ軽い「じゃっぱ木(たぶんヤナギ)」です。

    すぐに燃えてしまうので体積の割には無くなるのが早いはず。


    そして今シーズン焚きはじめてから2ヶ月間、
    お金を出して購入した薪を焚かずに乗り切りました。
    友人宅からもらった杉やいただいた廃材、無償提供されていた薪などです。

    熾きを残さずにパーっと焚きたかったので重宝しました。


    これからの冬シーズンは去年購入した薪の残りで
    しっかり熾きを作りながら焚いていきたいと思います。

    ケチケチ焚かない事が逆に暖かく燃費の良い焚き方なんだと気づきつつあります。


    来シーズンにどれだけ薪を残せるか、やってみたいと思います。



    というわけで、




    今年も本格的な冬がやってきてしまいました。



    テーマ : 田舎暮らし日記
    ジャンル : ライフ

    プロフィール

    mjaak995321

    Author:mjaak995321
    2011年12月より新しい生活をスタートさせました。
    よりよい生活を目指し試行錯誤の日々です。

    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新トラックバック
    閲覧者数
    2011年9月5日~
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。