スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2年目以降の住宅ローン控除




    住宅ローン控除については以前にも書いていましたが、


    昨日、税務署より書類が届けられました。


    夫婦それぞれに、


    『給与所得者の(特定増改築等)住宅借入金等特別控除申告書』


    というA4で1枚の書類が、なんと9枚も。


    実は、住宅ローン控除は確定申告で申請するものなのですが、
    めんどくさいのは1年目だけで、その申告が認められると、
    次の年からはこの書類1枚だけ(と銀行の残高証明)で所得税が安くなるんです。

    しかも他に申告する内容が無ければその書類を会社に出すだけでOK。

    確定申告することなく年末調整だけで済ませることができます。

    で、今回届いたのが平成24年分~32年分の9枚というわけです。



    銀行からの年末借入高の照明は先日すでに届いていたので、


    今年の申告分はもう大丈夫。


    今年も所得税はかからなさそうです。。。



    それにしても、住宅ローンがほとんど減っていない事に驚愕です。。。



    やはり最初の数年はほぼ利息だけを返している状態なんでしょうね。。。


    いくら金利が低いといえども額が額だけに利息も大きくなります。



    まとめて返すだけの資産があれば問題ないのですが、


    そんなものがあれば借金なんかしないわけで。。。




    しばらくはコツコツ返していこうと思います。



    そして、あと数年は所得税が納める見込みはなさそうです。。。


    その分は一生懸命に消費税を納めたいと思います!!




    、、、



    すみません皮肉でした。。。






    スポンサーサイト

    テーマ : パパのつぶやき
    ジャンル : 育児

    誕生日プレゼント



    本日誕生日の娘ですが、すでに誕生日プレゼントをいただいております。



    まだ本人はもらったことはわからないでしょうが、
    喜んで使ってくれることと思います。



    今朝、目が覚めて寝室のスクリーンをあげると、
    こんなプレゼントも届いていました。





    DSC_0306.jpg




    いつもの庭師さんが置いてってくれたようです。


    やはり雪囲いのシーズンだからでしょうか、満載です。。


    もはやうれしい悲鳴の域に達しています。。。




    DSC_0307_20121027162742.jpg



    よく見てみると今回も松が多そうです。


    それと廃材が多くを占めていますが、
    少々、朽ち気味のものが多くて処理が大変そうです。



    しかし処理をサボると春には大変なことになりそうなのでちゃんとやります。


    今日、薪置き場に一部を移動したので明日のうちにカットしてしまいたいと思います。





    さて、娘の誕生会はこれから私の実家にて行います。


    妻が娘のお子様ランチプレートを作ってみました。



    こんなにかわいくできましたが、


    今日だけは豪快に手づかみで自由に行かせたいと思います!!




    DSC_0355.jpg

    テーマ : 田舎暮らし日記
    ジャンル : ライフ

    満1歳を迎えました。




    本日をもちまして、わが家の娘が満1歳を迎えました。


    長かったような、早かったような。そんな1年でした。


    むしろ妻の妊娠中なんか昔々の話のようです。



    たったの1年ですが娘は日ごとに成長していきます。


    親の心の準備が間に合わないほどです。。。



    明日からの1年がまた彼女にとって素敵なものになりますように。。。




    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




    と、ここで小噺ですが、


    娘の誕生日は10月27日。


    でも、今日26日に1歳になる不思議。


    実は年の数え方にもきちんとした決まりがあって、
    なんと『年齢計算ニ関スル法律』という法律があったりするんです。


    で、件の法律によると10月27日生まれの子は、
    26日でまる1年、生きたことになるから1歳なんだそうだ。
    (厳密には26日が終わる瞬間らしいです)


    なのでうるう年の2月29日生まれの人は
    「4年に1回しか年とらないぜ!」と言いますが、

    28日が終わる瞬間に1歳年をとり、

    無事に3月1日を迎えることができるというわけです。


    よかったですね。


    「4年に1回しか誕生日が来ないぜ(だけどちゃんと毎年、年はとるぜ)」

    これが正しい表現のようです。




    また、学校に上がる年齢にも決まりがあって、

    小学校に入学する子は、

    『6歳になった日の次の4月1日に入学する』ことになっています。


    なので、4月1日生まれの子は、


    3月31日に6歳になって、

    次の日、4月1日にすぐ小学生になるわけです。


    4月1日生まれの子だけ上の学年ってちょっと変だな~とは思いますが、
    法令の合わせ技一本!みたいな感じで決まっているようです。




    うちの娘は平成29年10月に6歳を迎えるので、
    空けた平成30年に小学校に上がります。


    そのころ私は37歳。。。



    いや、運動会でカッコいいところを見せるにはまだまだ若いはずです。



    髪の毛は仕方ないにしても少しでも娘のために若くいなければと決心した日になりました。



    ちなみに娘はぐーぐー寝ています。




    テーマ : 田舎暮らし日記
    ジャンル : ライフ

    夜も火を入れはじめました。


    ここ数日でめっきり寒くなってまいりました。


    夕方帰宅しても20℃を切っているため、


    満を持して夜の部もスタートです。




    昨夜は薪ストーブ料理。


    としてはなじみが薄いかもしれませんがおでんを作りました。





    DSC_0303.jpg





    手軽にフライパンです。



    土鍋は後から加熱し直すのにIHが使えないのと洗うのがめんどくさくて温存です。





    青森ではおでんに『生姜味噌』をかけるのがスタンダード。


    生姜のいい香りと味噌の塩味がおでんによく合います。
    そして体も暖かくなります。家庭でも簡単にできるので試してみてください。

    作り方は・・・ググってください。



    なぜなら、昨日はわが家では生姜味噌がついてこなかったからです。。。





    テーマ : 田舎暮らし日記
    ジャンル : ライフ

    ピアノコンサート。無事に終了しました



    今朝の話です。


    起きて、いつものようにストーブに火を入れようと勝手口のドアを開けると



    DSC_0168.jpg



    キャベツと白菜が置いてありました。


    薪が野菜を呼んだのでしょうか?


    ご近所さんの差し入れがあったようです。
    (夕方に誰がくれたか判明しました。ありがたくいただきます!)



    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



    さて、この週末のことですが、


    無事に妻のピアノコンサートが無事に終了しました。


    育児休業中からずっと練習してきた甲斐があって、
    大きなミスも無くお客さんに喜んでもらえたようです。




    大仏01




    今回はお寺のお堂の中で弾かせてもらいました。


    厳粛な雰囲気の中にピアノの音色が響きます。


    和尚さん公認なのでバチは当たらないはずです。




    大仏02




    ピアノをはさんでそびえるは太っとい柱。


    今までなら気にしてなかったのでしょうが、この柱はすごいです。


    キレイな円形に製材してなおこの太さ。


    はたして樹齢は幾ばくか、、、




    ちなみに、当日のセットリストは以下のとおり。



    ①ゴリウォーグのケークウォーク(ドビュッシーが娘のために書いた)

    ②幻想即興曲(ショパン。フィギュアスケートでおなじみ)

    ③レフトアローン(マル=ウォルドロン。ジャズの名曲)

    ④ピアノソナタ第17番テンペスト(ベートーベン。冬のソナタでおなじみ)

    ⑤別れの曲(またショパン。実は練習曲)

    ⑥ラプソディ・イン・ブルー(達也じゃないほうの我修院。いや、ガーシュウィンです。)


    ~encore~


    ⑦枯葉(以外にもシャンソンの曲なんだとか)




    曲だけで1時間のところ、
    当日は全体で1時間半かかったということは、、、



    合間に入る妻のトークが長すぎたのか…



    なにはともあれ妻よ、お疲れ様でした。










    妻の焚きつけ



    10月に入り、朝イチだけストーブを焚くという生活になっていましたが、


    ついに先日、夕方に妻が寒いと言い出し、


    いそいそと私の聖域、秘密の薪棚をゴソゴソとしはじめました。







    どうやら自分でストーブに火を入れようとしているらしい。





    面白半分で見守ることにしました。





    DSC_0118_20121022055942.jpg




    さすがの娘も心配そうに見ています。


    すでに手つきがあやしいのですが、



    DSC_0119.jpg




    こんな感じになってしまいました。。。


    なんかいろいろと間違っていそうですが、妻なので仕方ありません。。。



    割り箸も袋に入ったままだし。。。



    ゴミの焼却炉ではありませんのであしからず。。。



    で、マッチで着火する妻。


    そして、、、





    DSC_0123.jpg




    ご覧の通り残念な結果に。。。



    まだまだ任せるわけにはいかなそうです(笑)


    去年の冬をいったいどのように過ごしたのでしょうか???





    妻には冬に向けもうしばらく修業を積んでもらいたいと思います。


    テーマ : 田舎暮らし日記
    ジャンル : ライフ

    掃除機のホースを補修



    しばらく前から実家の母にお願いされていたのですが、
    掃除機のホースが裂けてしまったのを補修してきました。



    本当は新しい掃除機をネットで探してほしいという話だったのですが、


    もう少し頑張って使ってみてはどうかと話し、


    とりあえず様子を見てもらうことになりました。





    P1000864.jpg



    確かにこれはひどいですね。。。



    母もガムテープでグルグル巻いていましたが、

    やはり空気が漏れて変な音がしていたようです。

    当然、吸引力もだいぶ落ちていたとのこと。




    そこで、ネットで修理方法を探していると、

    なんとも楽しそうな方法を見つけました。




    それが、




    P1000863.jpg




    そうです。ペットボトルのラベルです。



    おもむろに裂けた部分に巻きつけて・・・




    ドライヤーでぶいーんと過熱します!!




    過熱します!!!






    P1000862.jpg





    気持ちよいくらいにフィットしてしまいました(笑)



    けして某お茶メーカーのまわし者ではございません。。





    P1000861.jpg




    さすがにそのままだとあれなので、
    母と同じようにガムテープでグルグル。



    早速スイッチを入れてみたところ、

    なかなかの音です。吸引力もまずまず。


    これでしばらくは騙せそうです。様子を見てもらいます。




    しかし、裂ける部分は普段の使い方でストレスがかかっている部分なので、


    このままでは近いうちにまた空気が漏れてくるでしょうけどね。。。




    まあ、これは楽しかったので良しとします!!


    テーマ : 田舎暮らし日記
    ジャンル : ライフ

    娘の機動力+




    今月末で1歳になる娘ですが、

    保育園に通うようになってから動きがメキメキと活発になってきています。


    ちょうど保育園に通い始めた時期と成長期が重なっただけかもしれませんが、

    保育園の偉大さを感じずにはいられないのです。


    先日、知恵熱も経験しました(ビビった)。




    そんな娘ですが、



    ついに階段を上るようになってしまいました。




    P1000859.jpg




    以前から1段だけは上ることができて、
    1段目に正座する形になっていました。

    そうすると2段目がちょうど机の高さになって、
    さも勉強しているかのような素振りに見えるのです。


    昔ながらの顔立ちに加え、髪を切って間もないころだったこともあり



    思わず


    『寺子屋か』



    と突っ込みを入れずにはいられませんでした。


    そんな娘ももうひとりで2階まで上がれるようになりました(もちろん後に補助付き)。


    さすがに降りることは出来ないので、見守りが必要です。



    よく目にするのは階段を登れないようにゲートをつける方法ですが、




    DSC_0110_20121017052341.jpg




    わが家の階段はゲートがうまく設置できそうにありません。。。


    そもそも段差が多くて、どこにいても目が離せないんですけどもね。。



    さらにわが家はストーブの心配もあります。


    というわけでちょっとかわいそうですが、娘にはハウスを用意しています。




    DSC_0112_20121017052340.jpg




    さすがに入れると泣きます。。


    柵につかまり立ちして『ここから出して』と涙ながらに訴えてきます。。



    甘い父親は突き放すこともできずに自分も中に入って遊んであげてしまいます。。。



    調子いい時は1人でずーっと遊んでてくれるんですけどね。


    その時の集中力はさすが子どもだなーと感心するばかりです。






    絵本を破りたがるクセだけはどうにかしてほしいのですが、
    まあ、それも成長の過程だと諦めて見守っていこうと思います。



    もう少し大きくなったら、梁にブランコかハンモックでもつけてあげようと妄想する、


    まだまだ当分親バカを抜けられそうもない私でした。



    テーマ : パパのつぶやき
    ジャンル : 育児

    贅沢な薪



    今朝、リサイクルボックスに段ボールを捨てに行こうと
    娘をベビーカーに乗せて歩いていると、

    後方から吹かし気味の軽トラが近付いてきました。


    声をかけてくれたのは職場の大先輩。


    『薪足りてるかい?』


    というその軽トラにはなにやら薪が満載。




    なんと薪を置いてってくれるというのです。





    しかも割ってあるのです。




    こんなありがたい話があってよいのでしょうか?

    すぐにUターンしてわが家の前まで戻ってきました。


    軽トラに積み上げられた薪はなんと「ヒバ」。


    青森県が全国に誇るいい匂いのあの木です。



    2人でどんどんと軽トラからおろします。



    かなり積め込んでくれてた様で、

    降ろしてもかなりの量です。




    DSC_0103.jpg




    2~3週間分もあるかもしれません。




    すでにヒバのいい匂いが周りに漂っています。




    どうやら、知り合いの山林で間伐されて放置されているヒバをもらってきて、
    自分で割って親戚の家の薪ストーブ用に毎年用意してあげてるようです。

    去年の冬に少し話す機会があって、薪集めの難しさを嘆いていたので
    それを覚えていてくれていたようです。


    それにしても割ってある薪を軽トラ1台分も・・・



    足を向けて眠れない方角がまた一つ増えてしまいました。。。







    しかしヒバです。

    針葉樹なのですが薪としてはどうなんでしょうか?


    大先輩曰く、ヒバ油が乗ってるので、パーっと燃えてしかも熾きが残る。


    いい匂いもするし最高の薪だということです。


    ネットで調べてみると優良可の『可』という評価。

    杉と同じで煤が多く出ると書いてあります。


    が、杉とは持った感じが全く違います。重い。


    きっとじっくりと燃えてくれるだろうと期待して薪棚に積み上げます。





    DSC_0105_20121014215412.jpg





    しかし写真をよーく見てみるとわかると思いますが、


    10年も山に放置されていたようで、
    外側が腐食してスポンジ状になっている部分もあります。


    そういった薪を優先的に焚いて、

    しっかりとした薪は大事にとっておこうかなととも考えています。


    そうです、芳香剤代わりにでも使おうかと思案中なのです。


    細かくカットして湯玉もできるかもしれません。



    しかしそれはまた別の話。




    テーマ : 田舎暮らし日記
    ジャンル : ライフ

    冬の使者



    土曜日も娘は保育園にでかけます。


    で、夕方バスをお迎えしていると、


    なにやらクァークァー聞こえてきます。




    最近寒くなってきたし、もしやと思い空を見上げると・・・






    DSC_0100.jpg



    カラスではありません。



    白鳥でした。




    わが町は、白鳥の飛来地として古くから有名で、

    小さな頃はよく母に連れられてエサをあげに行っていたものです。



    で、「白鳥はなんて鳴くの?」と聞かれ、


    赤ちゃんと同じように「あーいあーい」と鳴くと答えていたそうです。


    自分のことながらカワイイものです(笑)



    ちなみにキリンは「キリンキリン」と鳴くと答えていたそうな。。。




    ちなみのちなみに本当のキリンは「モー」って鳴くそうです。牛と一緒。





    白鳥が来たということは、もう冬だということ。




    そうです。ストーブを焚いていいのです!



    もうご近所さんに気兼ねすることなく(最初からしていない orz...)。



    ここ数日は朝起きると10℃を下回っています。

    まず朝はガンガン焚いて気持から盛り上げていきたいと思います。





    DSC_0098.jpg




    この辺じゃあまり見ないほど多数の編隊で飛んでいました。


    高度もけっこう高かったし、


    きっともってだいぶ南の方角を目指して飛んでいるものと思われます。



    この辺りにほんとに白鳥がやってくるのはもう少し先になりそうです。






    ここ数年は鳥インフルエンザの影響で餌付けなんかは自粛傾向ですが、

    いつか娘に白鳥を見せてあげたいと思っています。





    テーマ : 田舎暮らし日記
    ジャンル : ライフ

    青森県県有林J-VERクレジット




    先週末の東奥日報になりますが、

    県木住の佐藤代表がカッコよく載っていました。


    私は新聞を斜め読みというか、ほぼ頭に入っていないので、
    読み飛ばして(見逃して)しまっていたのですが、


    妻が「新聞に県木住載ってるよー」と教えてくれました。


    どうやら、カーボンオフセットの一種で、

    家の建築の際に排出されるCO2を県有林の吸収量と相殺しましょうということらしいです。


    その排出権を、今回15万も払って県木住が県から購入しましたという記事でした(たぶん)。





    県際材の利用で十分に貢献してるのに、


    さらにお金を出すというところが県木住の県木住たるところなのではないでしょうか?


    私の頭ではなかなか理解できず、記事と県木住のブログを何度も読んでなんとなく理解できました。


    一方でガンガンCO2を排出しながら大きな利益を利益を出しつつ、
    何の対策も講じない工務店もあるのですからなんだかなーといった感じ。



    まあ、このCO2業界もよくわからない部分も大きいと思いながら
    話し半分で見させてもらってはいます(スミマセン)




    県木住




    青森県のホームページでも紹介されていました。




    いろいろ思うところはあるのですが、

    わが家はこれからも陰ながら県木住を応援していきたいと思います。




    テーマ : 田舎暮らし日記
    ジャンル : ライフ

    薪の移動 その2


    試し焚きといいながら、このところもう毎朝ストーブを焚いてしまっています。


    だって寒いんだもの。


    目下、廃材や建築の際の端材を焚いているのですが、

    そろそろ薪置き場の薪も移動せねばと
    先週末に軽トラに積んできた所ですが、




    P1000849.jpg




    昨晩、急に思い立って秘密の薪棚へ移動しました。



    といっても「じゃっぱ木」なので軽い軽い。


    軽い軽い。。。orz...



    ほんの20分程度で軽トラ一杯分を移動してしまいました。



    そして今朝の雨です。なんともタイムリーでした。



    DSC_0095_20121011061126.jpg



    完全防備の秘密の薪棚です。


    今回の分は手前2列に積んであります。


    昨年のうちに割って積み上げておいた薪なので乾燥はばっちり。


    思いの外軽かったので、

    秋口から冬になる前に焚いてしまうかもしれません。





    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



    寒くなったので娘も衣替えのようです(笑)



    昨日、隣の実家に遊び行ったら着せられてました。



    DSC_0094.jpg




    昭和の香りがぷんぷんします。



    そしてとっても似合っています。


    白黒にしたらそのまま戦時中の写真としても通用しそうです。






    何度も言うようですが、



    男の子ではありません。

    テーマ : 田舎暮らし日記
    ジャンル : ライフ

    冬に備えて薪の移動



    至れり尽くせりでほんと申し訳ないのですが、


    いつもの庭師さんが剪定木をまた置いて行ってくれました。



    一昨日の朝に気づきました。





    P1000857.jpg



    今回は安心の広葉樹です。


    少ないように見えますが、これで1週間分くらいになるのではないかと思います。


    そして昨日、薪置き場に持っていき、廃材の上に積んでおきました。



    すると、軽トラに乗ったおじさんに話しかけられました。



    新キャラです。


    やはり『薪ストーブはいいよね』的な切り出し(全国共通か?)から始まり、

    この辺の土地の歴史から風土的なお話を聞かせてくれました。


    そして積み上げた原木を見て、


    「切り口見ればだいたい分かる。刃物磨ぐの上手だね」


    と誉めてくれました。




    まあ、プロ(庭師さん)が切ってるから当たり前ですよね(笑)


    庭師さんに替わって(心の中で)お礼を言っておきました。






    で、今回は原木を下ろした代わりに、

    積んであった薪を持って帰ってきました。



    去年の秋口に割っておいた『じゃっぱ木』(軽い雑木)です。




    P1000850.jpg



    この奥の2列ぐらいが去年の分。


    手前のごちゃごちゃしたのはごちゃごちゃと投げておいたものなので
    あとでもう少しちゃんと並べ替える予定です。





    P1000849.jpg




    で、3分の2くらい積んだのがこのくらいです。

    あまり比重が無い木ばかりなので、
    これで2週間もたないぐらいだろうと推測してます。

    もう少し軽トラの上で陽に当ててから秘密の薪棚へ移動したいと思います。



    その他、薪棚に入りきらずにただ積んでおいた購入薪なんかも
    少しずつ秘密の薪棚へ移動中です。


    それらは1年だけ乾燥の薪になりますが、
    シーズン後半までねばって少しでも乾燥を進めてあげたいと思っています。



    秘密の薪棚がいっぱいになったら報告したいと思います。







    テーマ : 田舎暮らし日記
    ジャンル : ライフ

    ネコ車のタイヤ交換




    薪づくりというか、薪ストーブを焚くうえで
    意外にも結構なウェイトを占めるのが『薪運び(移動)』

    妻の言葉を借りるとまったく「生産性のない」作業なのですが、

    やはり避けるわけにいかない大事な作業です。



    その際に大活躍してくれるのが一輪車。


    通称『ネコ車』なんですが、


    難点があって、どうにもパンクしやすいようです。




    DSC_0023_20121006142520.jpg





    ある日気づくととても自然に空気が抜けていました。。。


    パンク修理ならどうってことなくできるんですが、
    よくみてみるとタイヤそのものがあまりいい物じゃなさそうで、

    結局、頻繁にパンク修理するくらいならと、


    僕たちの好きなサンデーにタイヤを買いに行きました。




    P1000846.jpg




    ノーパンクタイヤのコーナーです。


    売る気があるのでしょうか。。。



    タイヤが入っていただろうビニールが劣化・変色して破けています。。。




    P1000847.jpg



    しかも広告の品として売っています。


    そしてその広告の品も普段の売り値そのままというなんともあれなサ〇デー。。



    ちょっと残念です。




    さすがにこのタイヤは買う気がせず、
    プラス200円でウレタンタイヤという、
    ノーパンクタイヤとどこが違うのかわからないけど
    キレイに包んであるタイヤを買ってきました。




    DSC_0025_20121006142518.jpg



    で、いざ交換しようとしたら手持ちのレンチがサイズ合わず。。。orz...



    なんとか車のタイヤ交換用トルクレンチとモンキーレンチで作業しました。




    DSC_0024_20121006142517.jpg




    で、完成です。


    やはり通常のエアータイヤに比べて固いような気がします。

    運ぶのがほぼ薪だけなので問題ないように思いますが、



    それは使ってみてからのお楽しみにします。





    にしても、頑張ってくださいサンデ〇。応援してますよ!!



    試し焚き



    10月に入り、いよいよ薪ストーブのシーズンがやってきます。

    近所のスーパーでもピザやチーズの品揃えが豊富になってきました。




    ということで、やってしまいました試し焚きです。





    まだストーブを焚く気温ではないのですが、
    (妻はもう寒いと言い出している)

    いざ焚きたいと思ったときに焚けないと問題なので、
    あくまで予行演習ということでご勘弁ください。





    DSC_0004_20121002053724.jpg



    なので薪は廃材を中心にカラッと燃やしてみます。




    DSC_0008_20121002053723.jpg



    やはり久しぶりの火はいいものです。


    あまりに久しぶりなので思いだしながら着火しました。



    当然ながらすぐに暑くなって、最後は汗だくです。。



    でもおかげさまでしっかりと確認することができました。




    先日の煙突掃除で処置してもらったガスケットのファイバーロープですが、
    少し扉が固くなったものの良好に機能していて、

    空気調整がより細かくダイレクトに燃え方に反映されるようです。





    DSC_0012.jpg




    そして今年の課題はこの子です。


    昨年とは違い、自由に動き回る娘。


    早くもストーブに興味を持ち始めています。



    いかに安全にストーブを焚くか。



    今シーズンがいきなりの山場になりそうです。




    テーマ : 田舎暮らし日記
    ジャンル : ライフ

    プロフィール

    mjaak995321

    Author:mjaak995321
    2011年12月より新しい生活をスタートさせました。
    よりよい生活を目指し試行錯誤の日々です。

    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新トラックバック
    閲覧者数
    2011年9月5日~
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。