スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ネーミングライツ

    木曜日に生まれたわが子。

    今日も妻の代わりに「つま」カテゴリに書かせてもらいます。


    事前に男の子か女の子か聞かなかったわが家ですが、
    先日無事に産まれてくれて、夜しか眠れない日々は終了しました。

    やっぱり私と同じように将来ラグビーをしてほしくて、
    男の子を首を太くして希望していましたが、女の子でもかわいくて仕方がありません。
    産まれた日は濡れてかわいいのかもわからない状態でしたが、
    何日か経過し、かわいてきたらかわいいのなんのって


    残念ながら私に似てしまったので女の子としてはかわいそうな気もしますが、
    親のエゴでしょうか、かわいく見えてしまいます。




    で、問題が名前です。



    産まれる前は「どっちだ!?」と聞いてきた職場の皆さんの興味は
    「もう名前決まったか?」に昇華し、14日期限の出生届が気になってきました。
    実は男の子の名前は決まっていたのですが、女の子だという想定外の事態にてんやわんやです。

    当初は画数なんか「昔の人が勝手に決めただけじゃん」とか、いきまいてましたが、
    気になり始めると気になってしまう気の弱い私。



    あーでもないこーでもないと紆余曲折を経て、


    ほんとに割愛して発表だけします。



    ひらがなで「あかり」ちゃんに決定しました。
    ポロっと漏らしたのを私の母が気に入ってしまい、後から変更が効かなくなってしまった結果でもあります。


    私の母だけでなく、妻の母と祖母のお墨付きもいただいた「あかり」ちゃん。

    もうこのまま出生届になると思われます。






    薪ストーブに火をともす「あかり」ちゃん。
    その由来は家族には秘密のアッコちゃんです。
    スポンサーサイト

    テーマ : パパ育児日記。
    ジャンル : 育児

    長い一日

    先ほどアパートに戻りました。
    今日は私が妻に代わり「つま」カテゴリのブログを書きます。


    今朝6時前、出産の兆候が確認できました。
    すぐに実家に連れていき、義母さんに病院へ連れて行ってもらいました。

    私は状況が確認できるまで通常通り出勤。

    すぐに義母から電話があり、そのまま入院することになった旨報告を受け、
    私は午後から休暇をもらい、私の母を連れて病院へ向かいました。

    14時半頃病院へ。定期的な陣痛があるものの、もう少しかかりそうだとのことで、
    必要なお遣いとお見舞い程度で済ませ、一度病院を出ました。

    母も夜勤明けで来てもらっていたので、スーパー銭湯に連れていくことに。
    露天風呂でウトウトしつつ、風呂から上がると妻から5件も着信が。
    どうやら急にお腹が動き出して陣痛室に移動したようです。
    16時過ぎに母と病院へ戻ると、ほどなく一度家に戻った義母も到着。

    様子を見ながら、早めの夕食を取りつつ、定期的に陣痛の訪れる妻を見守る(ことしかできない)。
    18時過ぎにはついに看護師さんより声がかかり、歩いて分娩室に移動しました。

    陣痛室で苦しんでいる妻を見守り、これなら出産に立会えるだろうと心の準備も整えていましたが、
    私などいないのと同じ扱いで看護師さんたちは事を進めていきます。まるで上棟式の餅まきのよう。。
    結局、立ち合いますか?の確認もないまま、おいてけぼりの私は両母親とともに陣痛室で待つことに。


    苦しむ妻の声は陣痛室の比ではありませんでした。

    中途半端な気持ちで立ち会わなくて正解だったのかもしれません。。
    「もう頭見えてるよ」と看護師さんに励まされること約2時間。


    本日10月27日、20時01分。

    第一子となる女の子が無事に産まれました。
    立ち会わない親なので仕方ありませんが、
    看護師さんの「女の子ですよー」というドア越しの声でわが子の性別を知る私。。

    義母はすでに「指が長いのねー」とピアノを弾かせる気まんまんです(笑)

    あと、詳しいお話は妻に譲ることにしますが、まずはご報告まで。

    心配をしていただいている皆様。ありがとうございました。
    無事に出産を終えて、そろそろ病室に戻っていることでしょう。
    今晩は義母にお任せして私は戻ってきました。
    明日、職場の上司に報告を済ませてから病院へ向かうことにします。




    テーマ : 出産
    ジャンル : 育児

    含水率

    予定日から一日経ちましたが、妻のお腹はまだ落ち着いたものです。
    昨夜、神田うのさんの出産ニュースで陣痛が活発になったようですが、
    一晩ガマンしたらまた落ち着いてきました。
    どうやら夜はホルモンの関係で陣痛が誘発されるとか…
    妻のいとこに助産師の卵がいるので逐一電話して状況を確認しています。
    的確なアドバイスしてもらえて助かっています。


    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


    また新しいお友達の紹介です。


    P1000307.jpg


    そうです。水分計ですね。
    いきなり残念な数値を見せてしまいましたが、薪の水分量を測る道具です。
    測りたい薪をおもむろに割って、計測器の先端を押しつけます。
    電気の流れ方でで薪内部の水分量を測ることができるすぐれものです。


    一般に薪として使用するためには含水率が20%を切ればいいとのことですが、
    先日購入した薪を測ってみると上記の数値。。。軽くショックです。


    この薪を焚いてしまってよいのでしょうか。。。

    ちなみに、伯母にもらった廃材はさすがの15%。
    7月に割って実家に積んである薪は意外と21%。


    購入した薪は来年燃やせば最高の薪になるのは分かっているので、
    無理して今年燃やさないのも選択肢かもしれません。春まで間に合えばの話ですが。。

    テーマ : 家を建てる
    ジャンル : ライフ

    予定日まであと一日

    今日は39週6日。
    ついに明日が予定日になった妻です。


    検診があって、『子宮口がそろそろ開きぎみなので早ければ日曜日には産まれるかも』と先生がおっしゃいました。いよいよかと緊張気味です。産まれなければ25日の火曜日に検診です。もう、検診の助成券も使い切っちゃったかな~。


    そんなこんなで、先ほどおしるしらしきものがありました。
    けっこう冷静でいつつも、けっこう不安だったり。


    病院ではおしるしがあってもすぐ来なくてもよいと話ていたので、やっぱり陣痛の間隔(お腹のはりが始まってから次のはりが始まる間隔)が10分くらいになったら病院へ行くのよねと思いつつ、夫に話してみたところ。


    ネットでいろいろ調べてくれました。



    そして、後ろからのぞくと『おしるこ』ってクックパッドで調べていました。どうしようね。大丈夫か?

    新兵器

    今週末に出産予定日を控え、妻は毎晩お腹の梁を張りを訴えています。
    苦しそうにする姿を見て少しかわいそうだなと思いながら、
    見守ることしかできずにいます。


    さて、お小遣いで新しいおもちゃ工具を買ってしまいました。


    DSCN8763.jpg


    ベルトサンダーといいます。
    広範囲をやすりがけする機械です。

    新居で使うことになるテレビ台や靴箱、各種の棚関係を「俺が作る」と宣言し、
    見積もりから造作家具をバッサバッサと切り捨てたあの日…

    もう後戻りはできません自分で作るのです。

    将来的にはウッドデッキなんかも欲しいと思ってたので、
    いろいろ悩んだ末、いろんなサンダーがある中でベルトサンダーにしました。
    しかしこのサンダーも危険なもので、けっこう簡単に削ってくれちゃいます。
    上の写真、いきなりテーブルに傷がついているのは妻に内緒です。
    夜なのでまだスイッチも入れてないんですけどね。


    しかも、ただ手で持って板をやすりがけするだけでなく、
    裏返して使うこともできます。


    DSCN8761.jpg


    裏返して使うための専用の台もいっしょに買ってしまいました。
    今回は必ずしも必要なものではないので自分のお小遣いで買いましたよ。
    結婚して外に飲みに行くことがめっきりなくなり、
    この1年は特にこういった工具類にお小遣いを使う割合が増えています。

    子どもが産まれたらもう少し変わるのかな?

    237.jpg


    こういうのに注ぎ込んでたりして。。
    まだどちらかわかりませんが、男の子か女の子でも変わる気がします。

    テーマ : ハンドメイド
    ジャンル : ライフ

    もらうだけ薪情報

    先日、ありがたい薪情報をいただきました。
    地元の友人宅で使わなくなった玉切りの薪を持ってっていいというもの。
    数年前に薪ストーブをやめて以来、置きっぱなしだったそうです。
    玉切りにしてあるものをもらうだけという最高の状態のです。
    このまま焚いても大丈夫なんじゃないかってほど保管状況もいいです。

    わが家のミニバンで4往復。
    薪置き場に積んでブルーシートかぶせておきました。
    ありがたく、大事に焚かせてもらいます。


    P1000306.jpg


    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    この世には2種類の人間がいるらしい。


    雨が降ると「車が汚れる」と思う人間と、「やった汚れが流れる」と思う人間。。。



    あきらかに私は後者に近いんですが、あいにくの雨の中、今日は車を綺麗に洗いました。

    いくら綺麗に保管してある薪でも、車に積めば汚れます。。
    木のカス。埃、土、そして虫...etc...

    日々、酷使している愛車を労うため、
    そしてあと1週間もすれば出産する妻のご機嫌を窺うためにも洗車なのです。

    普通は雨だと「どうせすぐ汚れるから」と洗車をためらうところなのですが、
    雨で薪割りできないのでここぞとばかりに洗車へと向かった私。
    実家の前でシャンプーと掃除機かけ、さらに雑巾かけまでしました。

    こないだ3年目の車検を通したばかりの愛車。
    まだまだ酷使頑張ってもらわなければ。
    乗用車は30万キロ走れるように設計されているそうですが、


    目下の目標は11年で20万キロ!!(妻へのゴマすり)


    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


    P1000305.jpg


    家の進捗状況です。
    先日塗った外壁が運ばれてきました。

    いよいよわが家の表情が見えて来そうです。

    薪の購入

    これまでせっせとストーブないのに薪づくりに勤しんできましたが、
    それはすべて来年のため。割った薪は1年以上乾燥させなければならないらしい。

    そこで今年の分はどうしても買わなければなりません。

    土曜日に薪を購入し、隣の実家まで配達してもらいました。


    DSC_0544.jpg


    4tダンプで配達です。


    DSC_0557.jpg


    これで配達料込みの4万円なり。かなり安いです。
    そしてかなりの量に途方に暮れるの図。


    P1000301.jpg


    この3連休を費やし、ここまで積み上げました。
    いつもの積み方×5列分。これにブルーシートをかぶせました。
    今回も廃材で土台を組んでいるので費用は数年前に買ったブルーシート代のみです。



    ここの薪は安いのですが形が不ぞろいです。
    長さもまちまちで、どうしても割れない株をスライスして成型したようなのもあります。

    とても積みにくかった。。

    でも燃やせば一緒。安いにこしたことはないのである。
    そして樹種も重いのばっかりです。よく燃えてくれそうで今から楽しみです。
    実は配達されたときには表面が軽く湿っていて、大丈夫か!?と思いましたが、
    朝露か何かだったのでしょうか、この3日間でしっかり乾いてくれました。


    そして、最終的には積み上げることを断念(笑)

    廃材で箱みたいな形を作ってコンパネであおりをつけて放り込みました。



    P1000302.jpg



    無事に配達され分は全部、保管状態に持ってくことができました。
    終わった途端に雨です。いまに至っては台風並みの大雨。
    ちゃんとブルーシートで覆えてよかった。間一髪です。


    実は今回配達してもらったのは今年の燃料の半分です。
    わが家の方の準備ができたらもう一回おなじ分だけ配達してもらうことになります。
    また積み上げることになりますが大丈夫なのか自分。。


    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


    実家の薪積みと並行してチェーンソーでの玉切りもしました。

    一向に進まない薪置き場の原木です。。

    一般的には1日もかからずやっちゃう量なんでしょうが。。

    ちなみに、昨日失敗した混合油ですが、
    無事に50:1にすることができました。

    ガソリン500ml+オイル50mlの濃い混合油を110ml分に小分けにすると、
    その中身はガソリン100ml+オイル10mlになります。

    新しくガソリンを400ml買って混ぜれば普通のペットボトルで間に合います。

    チェーンソーのタンクに500mlは一度に入りきりませんが、
    いくらか使ってから給油したのでペットボトルで保管するという事態にはいたらずに済みました。

    今度は間違えないようにします!
    (といいつつ、同じことをあと4回もする必要あります。。)


    P1000303.jpg


    薪置き場の現状です。
    ここの薪はとっても軽い。。
    買った薪と比べると小錦対舞の海くらいの違いがあります。。

    やはりこの薪はスカスカと燃え切ってしまうんでしょうか、、
    せっかくがんばってきたのに。。ちょっと複雑です。





    で、ここまで書いてきましたが、妻には知られてはいけない事実。


    やはり薪は買うのが一番安く上がるのである。


    でも出来る分だけ自分でがんばって行きたいと思う私でした。

    初めての混合油

    この週末は久々にちゃんとした休みをもらえました。
    3連休の中日は薪にまみれた一日でした。
    くわしくは明日にでもまとめますが、今日はまず混合油。


    チェーンソーを買ってしばらく経ちますが、
    最初に買った混合油が今日やっと底をつきました。

    P1000300.jpg

    缶に1リットル入って500円くらいしたっけ?

    今回はこれにガソリン500mlだけ買ってきました。


    P1000299.jpg

    しめて76円なり。スタンドのお兄さんスミマセン。。
    キレイなピンク色です。
    しかし100均の計量カップがガソリンで白く濁ってしまいました。。。
    大丈夫なんでしょうか?


    P1000298.jpg




    チェーンソーの混合油は50:1なので、
    ガソリン500mlに対してエンジンオイル10ml。

    10ml。





    あー、間違えたー。。。
    50mlもオイル入れてしまった。。。
    今になって気づきました。


    P1000297.jpg

    ピンクが緑にかわり(入れすぎだもの当然だよね)
    このときは気がつかずにそのまま最初の缶にこれまた100均のステンレス漏斗で戻して
    しっかり振って混ぜます混ぜます。



    混ぜます…



    んー、どうやって50:1まで戻そう。。

    あとガソリン2リットル足せばちょうどいいはずなんだけど、
    容器をどうしたものか…


    やっぱり正統派で大五郎のボトルか、、、

    自分で飲むしかないかも(笑)


    続報は後日!



    煙突が設置されました。


    このところ、ぱっとしない天気が続いています。
    今月に入ってからカラっと晴れた日は無いんじゃないでしょうか。。

    工事の進捗状況も気になりますが、
    大工さん達は雨の合間を縫って頑張ってくれているようです。

    木曜日のことですが、


    煙突が設置されました。


    P1000296.jpg



    かっこいい角トップの煙突です。


    これで前の道路を行き交う人たちも
    この家に薪ストーブが入ることを知ることになると思われます。



    そしてゆくゆくは家の前の薪棚をみて薪が自ら集まってくる日を夢見ています(笑)


    その他にもサッシがはめられてきました。
    敷地には外断熱用の断熱材も準備されていて、
    これから外壁ができると一気に雰囲気が出てくることと期待しています。


    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


    薪置き場の薪を一か所に整理しました。
    春にストーブ屋さんから買い薪割りして奥の方に積んでいた薪を手前に積み直して、


    P1000294.jpg


    薪の塊4列分が埋まりました。でもこれは来年の分。このまま冬を越して乾燥させておきます。



    P1000293.jpg


    とりあえず雨よけはブルーシートに頼ることにしました。
    風対策で上に廃材を乗せて、端の処理は明日にでもやります。


    カウントダウン

    明日でついに38週。2週間後の10月22日が出産予定日のつまです。
    産休に入ってから、赤ちゃんのお洋服を収納するために自分たちの服や書類や思い出の品を整理し、断捨離を実行しているつまです。



    先日はごみ袋8袋だしました。
    でも、夫のTシャツとかは一応夫の許可がいります。個人的には内緒で処分したいのですが、やっぱりいろんな思い出もあるでしょうからね。



    最近テレビでよく出ている若い女の人で片付けの専門家みたいな人のいうように「ときめき」のあるもののみに囲まれた生活を目指さないと、新居でごみ屋敷になってしまうかもしれませんので。



    さて、今日、夫が初めて子どもの名前を披露しました。けっこう考えていたんだなと安心。でも、あくまで男の子の名前だけでしたがね。つい何日か前の記事に、「男の子なら自分が、女の子なら自分がみたいな、つまり、子どもの名前は夫が考える宣言」していたようでした。思いこみって恐い。記事を読んでも全然気付かなかった私。本当は男の子は夫、女の子は私が考える予定でした。でも、なんだか夫が考えるのもありかなって最近思わせられています。これが作戦なのか?



    名前ってむずかしい。雰囲気がいいと思っても、姓名判断が駄目だったり、姓名判断がよくってもなんとなくいまいちな見ため(苗字とのバランスがいまいち)だったり。どうにかいい着地点にたどりついてもらいたいものです。



    振り返るとこの妊婦生活。いろいろありました。
    3月1日に心拍確認したものの、子宮内で出血があるらしくもしこのまま継続妊娠するためには急遽翌日から入院すべしとの医師の判断。仕事も月初めということで報告物が盛りだくさん。まだ何も手をつけていなかったもんだから(毎月だとだいたい2、3日かけて行う処理)、翌日朝6時くらいに職場へ行き何とか事情を職場の人たちに話して、午後2時くらいまでかかって報告物を完成させ、その足で病院へ。異動時期で忙しい課でもある3月に長期休暇の選択は職場への罪悪感でいっぱいでした。



    でも、今回は赤ちゃんのこともあるので医師の言うことを守りました。罪悪感もあったものの、実際の入院生活は上げ膳据え膳で快適な個室。個室は一日3,000円でしたが、たまたま大部屋が空いていなかったもんだから無料。ラッキーな感じでした。



    毎日午前と午後に内診があって赤ちゃんの様子が見られました。
    これはあの震災前の3月10日(7週5日)の赤ちゃんです。クリオネみたいだった。丸い天使の輪みたいなのが、赤ちゃんの栄養の袋だそうです。胎盤ができるまではここから赤ちゃんは栄養をとるようです。翌日あの大震災でした。その中で3人の赤ちゃんが産まれていました。本当に母親ってすごいな~。

    P1010075.jpg



    そして、これが5月2日(15週2日)の赤ちゃん。微妙に指しゃぶりしているように感じます。

    P1010808.jpg



    そして、これが一番最新の10月4日(37週2日)の赤ちゃん。鼻もほっぺもぷっくりというかぶくぶく。口はたらこです。全く夫似。これで女の子でないことを祈っています(笑)。

    P1010785.jpg



    出産方法は最初は無痛分娩にしようと思っていたのですが、急遽普通分娩にすることにしたので、その前の頑張りがきくように、10月4日の病院の帰りに老舗のうなぎ屋さんへ行っちゃいました。手前が私が食べたうな丼、奥が母が食べたうな重。
    P1010789.jpg


    お勘定の時にびっくりしちゃいますが今回だけと思って奮発しちゃいます。
    そして帰ろうとしたところ、そこの店主が手に何か紙のようなものを持って出てきて、有名な版画家が作った昔からのメニューについていきなりお話してくれました。版画で作られたメニュー表。なんだか版画好きの私としては、そのメニュー表がもらえたりするのかなって思って期待してしまい・・・。けっこう説明が長いな~と思っていたら、な、な、な、なんと、手に持っていたその紙は、メニュー表でも版画でもなく、「うな重2人前」の金券みたいなものでした。


    うなぎって安産によいんだって。
    自分たちがお支払いしたよりもたくさんのお土産をもらってしまったわけです。なんだか粋な店主。だからこんなに長い間老舗として営業できているのかなと実感。
    その日ランチは、うなぎはちょっと高いから、奮発して天ざるにしようかなとか思っていたけれど、うなぎにしてよかった、そう思えた一日でした。



    最近、こういうことが多いような気がしますが、きっとこれはあの断捨離のおかげかも。やっぱり片付けは人生を変えるのかも。出産後も荷物をあまり増やさないように頑張りたいです。
    なんだか薪ストーブの道具とか、なんやかんや物が増えそうな予感。できる範囲内でどうか夫にも協力してほしいですね。

    妻のピアノ

    今のようにアパートでピアノを弾くとなれば、
    選択肢は他にないだろうと思われます。


    P1000285.jpg



    電子ピアノです。

    これは結婚する際に妻がお小遣いで買ってきたもので、
    僕たちの好きなCASIOのPRIVIAという電子ピアノです。

    ほとんど練習しているのを見たことはありませんがかなり役立っているようです。
    最近の十八番『Waltz For Debby』をipodで聞きながら譜起こししたのもこの電子ピアノ。
    たまに頼まれるピアノ伴奏のデータ録音をするのもこの電子ピアノ。
    またコンサートの際にいつも控室で最後の練習をするのもこの電子ピアノ。

    こいつはなにげにすごいやつで、共演(と言いきるには相手がビッグすぎる)した
    国内外のアーティストがこぞって最終のリハに弾いてくれている電子ピアノでもあります。
    西村由紀江さんや木住野佳子さんといったプロのピアニストさん達も弾いてくれたことがあります。


    でもアパートでは弾いていません。


    今回、新しい家にグランドピアノを置きたいと宣言した妻ですが、
    この電子ピアノも新しい部屋に合うと思うんだけどいかがでしょうか!!



    8畳間に電子ピアノが鎮座している。

    贅沢な話です。

    これ以上恵まれたピアニストを私は知りません(キリッ)


    と、冗談はさておきまだまだがんばってもらいたい電子ピアノの紹介でした。

    ペダル交換

    妻の折りたたみ自転車のペダル交換をしました。


    P1000281 - コピー


    このペダルは折りたたんだ時用にペダルもたためるようになっているのですが、
    その部分が弱くなって、僕たちの好きな立ち漕ぎがちょっと危なくなっていました。


    週末に、自分用のクロスバイクのパンク修理のためパナレーサーのパッチを買いに行ったついてで
    ペダルが20パーセントオフでワゴンセールされていたのを買ってしまいました。


    妻は現在妊娠中で自転車に乗れないため、実家に置いて妻の叔父さんが乗っている状態ですが、
    レンチ類を持参して実家の玄関先で作業しました。

    どうして自転車って15ミリのレンチなんでしょうかね、
    手持ちのレンチセットにはちょうど15ミリだけ狙ったように抜けている。。
    何かのおまけで付いてきたペラペラのレンチがたまたまピッタリはまったのでそれで作業しました。
    薄いレンチなので手が痛かったです。。

    自転車のペダルって左右でネジ方向逆なんですねー。
    しかもネジまわそうとするとクルクルまわってやりにくい。。周りからみるとコントみたいだったでしょう。




    P1000280 - コピー



    で、完成です。
    白いペダルが白いボディに合ってるような気がします。
    タイヤも以前パナレーサーのオレンジのものに替えています。
    アヒルのパフパフは100円ショップで冗談で買ってきましたが妻が気にいってそのままつけてるのですが、


    叔父もこのまま乗っています。

    「いやにポップな自転車に乗ってるオジさんがいるんですよー」って
    職場の後輩から聞いたことがあります。あ、それうちの叔父でした(笑)


    上棟式

    本日、無事に上棟式を終えました。

    上棟式といえば餅まきです。
    この地区の上棟式には欠かせない餅まき。

    昨日、休日を返上して屋根からまくための餅つきをしてきました。

    DSCN8736.jpg


    うちの親戚、総動員です。


    左からおばさん、おばさん、そしておばさんです。


    つきあがったお餅を手ごろな大きさにそろえ、ビニル袋に入れていきます。
    そしてその中のいくつかに小銭を忍ばせるのです。
    この辺のしきたりだと、施主の年齢の枚数だけコインを入れるそうですが、
    うちは夫婦の共同名義なので二人分、数十枚をいれて準備万端です。


    DSC_0019.jpg

    本日、夕方に神主さんを招いて上棟式の本番。
    けっこう本式です。お供えも本物。意外と親戚からお祝いもいただきました。
    この場を借りてありがとうございます。


    DSC_0031.jpg


    式が終わると外はあいにくの天候にもかかわらずオーディエンスで埋め尽くされています。
    (そのほとんどが親戚、つまり「仕込み」ですが。。)

    そして昨日つめたお餅(とコイン)とお菓子を屋根から景気よく撒きます。
    大当たりは500円もあります。

    DSC_0039.jpg

    本当は私も撒く気で満々ゆんゆんだったんですが、
    大工さんがお餅の箱を持ってずんずんと屋根に登って行くのをなんとか追ってみたものの、
    肝心の屋根にあと一歩登ることができずに(恐かった。。。)断念してしまいました。。。
    結局、餅まきの様子を眺めることすらできずに餅まき終了でした。。。

    後から聞いたところによると、
    どうもこの辺の餅まきは施主というよりも大工さんが撒くのが一般的らしいです。
    残念ですがそうらしいです。負け惜しみに聞こえてもかまいません。。


    終了後、神主さんと棟梁にお供え物を山分けにしてもらって、大工さんに弁当とお酒を持たせて。
    とってもさっぱりしました。これでいよいよ家の建て方も進んでいくことでしょう。

    まずは一区切りです。





    プロフィール

    mjaak995321

    Author:mjaak995321
    2011年12月より新しい生活をスタートさせました。
    よりよい生活を目指し試行錯誤の日々です。

    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新トラックバック
    閲覧者数
    2011年9月5日~
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。