スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    薪棚の追加

    母方の叔母の家が一足先に新築工事中。
    薪ストーブの燃料にしたいのでとお願いして廃材を分けて置いてもらっています。

    しかしいざ持ってきてみると、
    塗料が塗っていたりで薪にはできなさそうな柱も混ざっています。

    そんな廃材たちを利用して薪棚を作ってみました。


    P1010205.jpg


    どうも貧弱な、薪棚と呼ぶのもはばかれそうな物体ですが、
    薪を入れてからガチガチに補強すればなんとか形にできそうです。
    当然ながら費用はかかっていませんので、こんなもんでしょう。


    少しだけ薪も入りました。


    P1010203.jpg


    薪を井桁に積んだので基本、自立出来てる状態です。
    筋交いその他の補強は全部埋まってから。

    あ、屋根用のトタンで1000円位は出費あるかもです。

    スポンサーサイト

    中学生からのお手紙

    先日、地元の中学校でピアノと小噺を披露した妻。

    その中学校から生徒の感想文をまとめた冊子が届きました。

    DSCN8594.jpg



    さすが中学生(笑) 感性が豊かです。

    『月光』が気持ち良すぎて寝てしまいましたと素直に懺悔する子。

    素敵な感想の最後に「僕の名前は○○です。そこんとこよろしく」と意味不明なアピールで締める子。



    でも基本的にみんな感動してくれたようで、感想を貰ったこちらが逆に元気をもらえました。

    当日、妻が引いた曲は、(私の記憶では)

    ・takumi(ビフォーアフターの曲)
    ・トルコ行進曲(某姉妹の代表曲)
    ・月光(長い)
    ・ありがとう(いきものがかり)
    ・ワルツ・フォー・デビー(ジャズの名曲)

    生徒たちの感想では、それぞれ「この曲がよかった」と書いてくれていたのですが、
    挙げてくれた曲がまんべんなくばらけてたのがこれがまた嬉しかった。

    当日の選曲に素人意見で口出ししてた私も口出し冥利に尽きるというか(笑)



    また、妻の小噺にも感銘を受けてくれたようで、
    特にこれからの受験に向けて、

    「友達が行くからとかじゃなくて、自分で進路を選んでほしい」

    という妻の言葉に3年生が多くの反応を見せてくれました。
    部活が終わって受験までの半年以上。悩んで、悩んで自分の将来と向き合って欲しい。
    これは私も同じ意見です。同じ選択をした仲間が300人も待ってる。高校生活は楽しいぞと。


    その中で、私と妻と同じ高校を志望してくれてる生徒が1人。
    野球部のキャプテンでピッチャーのその子は、当日も一番に手を挙げて質問をしてくれました。
    ピアノと勉強の両立はどのようにしたのですか?と聞いてくれたのですが、
    あまり勉強をしなかった私はうまく答えられなかったでしょう...orz
    立ってたのが努力タイプの妻で良かった(笑)


    先生の話だとその子は高校でも野球をやりたいようですが、
    入学したら実はラグビー部に入れようという作戦が水面下で進行中なのは、、、


    やっぱり別のお話。


    Boys and Girls, be ambitious!




    強硬手段

    日曜日についに迎えてしまったアナログ放送の終了。
    懸案事項だったわが家(アパート)の地デジ化あと3日


    実際にテレビが見られなくなれば妻もテレビ出すことに賛成してくれるだろうと思ってました。
    日曜は用事があって、外出先から帰った午後5時に「どれ?」と思ってテレビ付けてみました。

    当然、砂嵐だと思ってたら、、



    27時間テレビが映ってました(笑)


    わが家には岩手のめんこいテレビの電波が届いていて、
    年度末までアナログ放送が継続するめんこいテレビの放送が受信できてるようでした。


    でもここは見たい気持ちを押し殺し知らないふりで、ブラウン管のテレビを撤去。



    1日2日はさすがに妻も
    「テレビのない生活もいいものね~」なんて言ってましたが、

    やはり朝のニュースと時刻表示がないのは不便。。。


    けっきょく私主導で強行して薄型テレビを設置しました


    DSCN8661.jpg


    東芝レグザの40型です。確かにアパートには大きすぎるとも感じますが、
    やっぱりキレイな画面で素晴らしい。今日は趣味で作った友人の結婚式のまとめビデオ見て楽しんでます。




    が、上にタオルが乗ってるのは御愛嬌です(笑)
    ホコリが溜まるからテレビを出したくなかった妻との折り合いがこのタオル
    まあ、仕方ないでしょう。出せないよりはなんぼかましです。



    そしてさらにリモコン見てください(笑)
    もう言うことはありません。。。


    DSCN8662.jpg

    大黒柱

    本日、わが家の大黒柱となる木を伐採してきました。

    ブログ上ではまだ工務店めぐりをしている状態ですが、
    実際はプランと大工は決まっていて、あとは着工を待つばかり。
    今後は実際の進み具合と前後しながらブログを書いていくことになります。


    さて、本日は工務店のプロジェクトで
    施主が自ら大黒柱を伐採する体験会
    に参加してきました。

    朝8時半に青森市内某所に集合。車で5分ほどの伐採現場に移動して、
    貸してもらった安全ズボンと安全靴、ヘルメットを装備します。


    まずは森の神様(女性なんだとか)に挨拶。
    2礼2拍手1礼をし、用意してもらった塩とお酒で清めます。


    DSC_0023.jpg



    そしていよいよチェーンソーの登場。
    燃料の補給からエンジンの掛け方、やってはいけない事等、手とり足とりの指導をしていただき、
    丸太の輪切りや突っ込み切りで四角くくり抜いたりといった基本の切り方を学んでいきます。


    この時点でかなりの汗だくになりながらの作業。
    林業に携わる方々の苦労が身にしみて感じられます。ご苦労様です。
    私のやってる薪割りなんて、スーパーで買ってきたバラ肉で焼肉焼いて食べるようなものです。


    ひと通りの練習を経て、ついに大黒柱を切り倒します。


    気を引き締め直して倒す方向を決めます。
    チョークで切り口を下書きしてその通り思い切ってやっちゃいます。


    DSC_0109.jpg


    しっかりとプロの指導、そして監視、的確な補助(これが大きい)のおかげで
    無事に大きな杉はゆっくり、ゆ~っくりと倒れ始めます。


    DSC_0127.jpg


    ひっかかってるわけじゃないのよ。
    しっかりと他の立木にご迷惑をかけずに倒すことができました。
    指導してくれたプロの先生からもお誉めの言葉をいただきました(いえいえ先生のおかげです)。

    練習2本を含め4本の木を倒し、太くまっすぐな2本がわが家の大黒柱となります。
    妻がチョークで名前を記し、そのまま製材所に運ばれるそうです。


    DSC_0133.jpg


    今回の相棒はお借りしたハスクバーナ。
    最初は音と振動でビクビクと恐る恐る扱ってましたが、
    慣れてきたらへっぴり腰も多少は治ってきたかな!?
    妻が薪づくり用のチェーンソーを買ってくれる日はやってくるのか!?それはまた別のお話し。

    あと3日

    テレビの左下にへんなのが出てからしばらく経ちますが…

    DSCN8604.jpg


    いよいよあとアナログ放送終了まで3日になってしまいました。。
    この表示に対する不満は他の人にお任せして(笑)
    わが家も対応を考えなければなりません。


    実はエコポイントの駆け込み需要で湧いた昨年の11月末に、
    40型レグザを購入済みなのですが…

    DSCN8597.jpg


    このように玄関先で鎮座しておられます


    確かにアパートに40型は大きすぎるかもとは思うのですが、
    それ以上に妻が難色を示しておりまして開封に至っておりません。。
    「出したら埃がたまるでしょう」だそうです(笑)


    そんな妻は小遣いを奮発して買ったビトン(笑)の財布にタオルを巻いて使ってます。
    というかほとんど使ってません。普段は別の小銭入れにいろいろ詰め込んで済ましてます。

    新居に入居できるのは年末になりそう。
    そんな妻をあと3日で説得できるのでしょうか…


    この件については追って報告します

    薪割りしました

    先日見つけた原木原木見つけましたですが、
    まだ残ってたので、さらに集めてこの連休で薪になってもらいました。

    今回は車で5分の実家の車庫に移動。
    45センチに玉切りしてあとはひと思いにパッコーン
    生の木は割りやすいと聞いていましたがやはり割りやすいような気がしました。
    45センチと、少し長めに玉切りしたのですが、よっぽど二股になっているもの以外は無事に割れましたよ。

    薪割り01

    玄関前に積ませてもらいました

    薪割り03


    短かったものや割るまでもないものは以前作った車庫横の薪棚に詰め込んで、薪棚満タンになりました。
    上の5分の1くらいが今回の薪です。

    薪割り02

    この薪棚は2×4材に防腐剤を縫って組み立てたものですが、
    ゆがみ・曲がりでちょっとかわいそうです(笑)
    あくまで仮の薪棚ということでかんべんしてください。。

    グランドピアノ!?

    私の譲れない希望が薪ストーブなら、

    妻の譲れない希望はグランドピアノ。



    世の中にグランドピアノのある民家なんてどのくらいあるんだろうか



    少なくともけっこう余裕(金銭的・精神的そして家の広さ的にも)がある家じゃないと置けないですよね。
    今回は予てよりの妻の希望を取り入れることにしました。

    当然、6~8畳の洋室がひとつ増えます。

    居間に置くという選択肢もありましたが、「集中して練習できない」とのことで姑さんからNGいただきました。




    と、いうのも妻は今でもたまに声をかけてもらっていろんな場所でピアノを弾いています。


    先週は地元の中学校で青春を語りながら(笑)ピアノ演奏。
    そして来月は地元の大きなお寺でジャズを演奏。

    もちろん仕事もしているので謝礼はいただいていません。
    これは本人も誇りに思っているようで、応援に行く私のチケット代も当然自腹。。


    小さな頃からピアノを習ってきて、そして今でもピアノとかかわっている妻にとって、
    家にピアノのない生活は考えられないのだそうだ。
    アパート暮らしの現在は電子ピアノでガマンしてもらっていますが、
    やはり本物のピアノとは感触が違うそうで、今回のようにピアノのコンサートが近付くと
    グランドピアノのある実家にちょくちょく戻って練習しています。


    実際にグランドピアノを購入できるかは実はまだ未定なのですが、
    その経緯は改めて報告します。


    工務店めぐり②

    2年半ほどの工務店めぐりを経て私たちがたどり着いた要望は、



    ①暖房は薪ストーブで
    ①グランドピアノを置く
    ①無垢の床材



    同着1位でこの3つとなりました。
    その他、細かい要望を挙げると、


    ④畳のスペースが欲しい
    ⑤将来の子供部屋はひとつで構わないので後々区切れるようにする
    ⑥収納は多めに



    そして以下は私からのできればのお願い

    ⑦車庫は2台分
    ⑧トレーニングルームが欲しい
    ⑨風呂からベランダに直行したい
    ⑩薪ボイラーも導入できちゃう!?




    以上のような要望が出そろいました。


    これを各工務店に話してプランニングをお願いすることになりました。
    ローコスト系のR社、P社。
    ハウスメーカー系のE社。
    オシャレ系のU社、F社。
    そして設計事務所I社。

    今思えば実に6社にもプランニングをお願いしてたんですね。。
    そして結果的に7社目にもお願いすることになるんですが。。。
    やっぱりそれはまた別のお話。

    工務店めぐり①

    家づくりを始めるのにまず取り組んだ(?)のがハウスメーカーの展示場を回ること。
    週末ごとに歩きまわっていろんな家を見て回りました。
    買い物ついでに完成見学会のノボリを見つけては立ち寄ったり。
    とにかくハウスメーカーから地元の工務店まで。
    ローコスト系から建築士の建てたデザイン系までそれはそれは見学しました。
    やはり営業さんのタイプも様々で、電話攻撃をしけかてくる人もいましたし、
    定期的にお知らせをくれる人もいれば音沙汰すらない人も当然いました。
    長い期間さまよっていたせいで、以前○○ハウスで働いてた営業さんが、
    ある日△△設計でコンニチワ!なんてこともありました。

    毎回、とりあえずこの建物はいくらで建てたのかを教えてもらっていましたが、
    その感覚で予算を考えていた私たちは後々びっくりすることになります。。
    今考えると、教えられた数字を鵜呑みにしてた私たちが悪いというか物を知らなかったというか。。



    見始めたころは今と趣向も違って、

    蓄熱暖房あったけー

    とか、

    システムキッチン素敵ぃー

    とか。一般的な感覚で憧れがあったものなんですが、
    なにせ2年以上もブラブラしてたものだから普通の家に満足できなくなってきたんです。。
    特にローコスト系の工務店は「これじゃアパートと変わらないよね~」みたいな。
    いよいよ私たちの『建てたい家』のイメージが固まっていきます。


    それが工務店選びの難航につながっていくんですがそれはまた別のお話。。。






    原木入手できました

    薪ストーブを使うならば避けては通れない薪の確保。
    この問題が大きな壁になって薪ストーブをあきらめる方も多いはずです。

    わが家も妻の前では非常に悩みましたが(悩んでるフリ
    思い切って導入を決意しました。

    家が実際に立つのは秋ですが、それから用意したのでは間に合いません。。
    さすがに今年の冬に使用する薪は購入することになっていますが、
    来年以降の薪をコツコツと集め始めています。


    さて今日は、実家の近くで原木を無料配布している現場にたまたま遭遇。ラッキー♪


    原木01


    近くの川を管理しているお役所で伐採した雑木を『ご自由にどうぞ~』だそうです。
    噂には聞いていましたがこんな身近にこんないい話が、、、ありがたいことです。


    薪006


    軽トラがないので、乗用車の後部にやんわりと載せて…



    薪010



    本日の成果。親戚に使わせてもらっている薪置き場に無事移動できました。



    薪011



    教えてもらったら現場にあった樹種はナラ、ニセアカシア、カエデ…etc.らしい。。
    残念ながら見た目では判断できないので手当たり次第にもらってきたけど、
    ゆくゆくは樹皮で判断できるようになりたいものです。


    これからがんばって薪になってもらいます!

    家を建てることを決意するまで

    妻と結婚したのは2008年の5月。
    それからは家賃4万5千円のアパートで暮らしてきました。

    2DKで夫婦2人で暮らすのに広さは充分。
    アパートの増築した部分で隣の部屋と隙間ががあって騒音の心配なし。(階下にだけ配慮)
    生活する上で不満はあまりなかったのですが、あえて挙げるとすれば、

    ①湿気がものすごい
    ②冬の間洗濯を干す場所がない
    ③リアルなミッキーが出る(笑)
    ④ドアの建てつけが甘い
    ⑤日当たりが悪くて植物などを育てるのは厳しい
    ⑥ビリーズブートキャンプができない

    けっこう出てきました

    今思えばこのくらい出てくるのですが、当初は漠然と感じてたのかもしれませんね。


    そんな中で、職場の先輩が新築したよーっていうお知らせがあってお邪魔させてもらいました。




    真っ白な外観
    無垢のフローリング
    壁一面の本棚
    対面キッチン
    広ーーーーーーーいビルトインガレージ
    これまた広ーーーーーいベランダ





    気持ちがいっきに傾きました。自分たちの家が欲しい
    そしてその後プランニングをお願いすることになるF社との出会いでもありました。


    それからしばらくは新築見学会やハウスメーカーの展示場を巡る日々が続きます。




    家を建てることになりました

    平成23年。私たち家族は家を建てることになりました。
    ここまでで既に紆余曲折を経てきましたが、
    実際に家が建つまでに自分たちの記録としても残していこうかと思っています。

    しばらく会えてない友人への近郊報告、
    また、これから家を建てる方へのヒントにもなれば幸いです。


    とりあえず決まっているコンセプトは


    『グランドピアノと薪ストーブのある家』です!!


    これまでの経緯も含めて、これから少しずつ綴っていきたいと思います。
    プロフィール

    mjaak995321

    Author:mjaak995321
    2011年12月より新しい生活をスタートさせました。
    よりよい生活を目指し試行錯誤の日々です。

    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新トラックバック
    閲覧者数
    2011年9月5日~
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。