スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    秘密の薪棚の状況報告(3月)


    先週の大雪の後、数日間の暖気がありだいぶ緩んだとみせかけ、

    この週末はまた真冬に逆戻りです。


    今日はひな祭りですが、娘のひな壇は保育園に飾ってあるのでガマンです。


    保育園で作って持ち帰った手作りのおひな様でいいのです。
    (このおひな様も娘がどこまで手を入れたのか謎ですが)


    ちなみに保育園に飾ってあるひな壇は、


    妻が小さい頃使っていたのを大人になって寄贈したものらしいです。


    自分の娘が通うとは思ってもなかったでしょうが、なんか感慨深いです。




    さて、その3月ですがブログをサボっている間にも薪は絶賛消費中です。。。



    DSC_0069_20130303072224.jpg



    今朝の時点の薪棚ですが、


    左ブロックを消費し、右ブロック(2杯目)へ進んでいます。


    これは1月中に使い切って入れ直したものなので、


    都合3ブロック分で12月~3月のハイシーズンを過ごせることが分かりました。


    実際は10月~6月まで焚くのでそれだけでは足りませんが、


    やはり4トントラック2台分を購入し、あとは自分で集めるサイクルでちょうどよいと思われます。



    『ひと冬5~6棚』とかいう話をよく耳にしますが、


    まず一棚がどのくらいなのか未だにわかりません(笑)


    見るサイトごとに表現が違うし写真で見てもぜんぜん量が違ったりします。


    まあ、他と比べてもしょうがないのでわが家の薪棚を基準に考えていくことにします。



    こうして何シーズンか過ごすことでそれぞれの家のサイクルができあがっていくのでしょう。








    さて、左ブロックの空いたスペースに薪を移動するのは・・・



    やっぱりもうちょっと暖かくなってからにしよっと。。。

    スポンサーサイト

    薪の移動



    1月も今日で終わり。


    今シーズンは昨年と較べると半分ほどしか雪も降っていないように感じます。



    朝の雪かきもここしばらくはせずに済んでおり、大変ゆったりと過ごさせてもらっています。




    そんな今年の1月でしたが、先ほど現在の薪棚の様子です。



    D90_002998.jpg



    右側のブロックを使い切り、左側へと入りました。


    片側1ヶ月を想定していましたが、だいぶ余裕があります。


    この1月分の残りで2月も中ごろまでキープできるかもしれません。



    右側は、1月の10日ぐらいには底をつき、入れ替え作業をしていました。




    D90_002665.jpg



    外の薪棚から、ほんの2,3メートルなのですが、



    この移動がなかなか面倒。こつこつと何十往復もします。



    D90_002661.jpg



    それでも昨シーズンは毎週末のように薪を掘り起こして移動させていたことを考えると


    もはや革命のレベルと言っても過言ではありません。

    本気を出せばまる一日で終わる作業です。


    まあ、B型人間の私は何時間もこんな作業に集中できるほど真面目な人間ではありませんので、


    ケータイに入れたアルバム1枚くらいをめどに何日かかけて移動しました。



    D90_002996.jpg



    それも去年と違い必要に迫られてないおかげでしょう。


    1ヶ月の余裕があるので天気と相談しながらゆったりと作業をさせてもらいました。




    とはいえ、この作業も生産性があるかといわれれば決してありません。


    雪に濡れない薪棚さえあればこの作業も割愛することが出来るかもしれません。


    春からの構想が膨らんできます。妄想の域に達しています。



    しかし妻のオーケーをもらわないことには、





    別の話となってしまうのでした。。。






    秘密の薪棚の状況報告(12月末)



    大みそかです。



    年越し寒波と呼ばれる強い風が吹いています。


    今日は妻のお友達が大勢遊びに来てくれました。


    娘も同じ年ごろのメンズに囲まれてご満悦のようでした。


    お昼寝もせずに遊んで今年は紅白も最後まで見れないでしょう。




    さて、薪の状況です。




    秘密の薪棚の様子はこんな感じ。





    DSC_0179.jpg




    右側に残っているのが去年の残り。


    2年物はこれで終了です。



    やはり1ブロックで1カ月と見ておけば大丈夫そうです。


    12月1月で秘密の薪棚を使い切り、


    2月3月の分を移動してもう1回使うパターンになりそうです。





    今日はこれから私の実家へ行ってきます。



    私も紅白を最後まで見れるかは謎。



    (ヒント:もう10年以上も起きて年を越したことは無い)









    テーマ : 田舎暮らし日記
    ジャンル : ライフ

    晴れたのでもうひと頑張り



    先日、県の事業で原木をもらってきた現場ですが、


    降雪とともにお終いと思ってたものが、
    この週末できれいに晴れたのでもうひとふんばりと一杯分だけ頑張ってきました。




    P1000959.jpg



    現場へ到着してみると、なんと砂利で通路が作られていました。

    これで原木の山に軽トラが横付けできるようになりました。



    もっと早くからやってくれていれば・・・


    前回、何十往復と歩いたのは一体なんだったのかジーザス。。。




    P1000957.jpg



    こんな山や、



    P1000958.jpg



    こんな山がすぐそこにあるのです。



    これは1人作業でも捗るでしょう、


    とタカをくくっていたら、地面に接している部分が凍っていました。。。


    引き剝がすのに少々難儀しましたが、テコの原理を駆使してメリメリやりました。




    P1000956.jpg



    積み降ろし含めて1時間ほどでこのぐらい確保できました。


    これはなかなかパフォーマンスのいい現場かもしれません(前回と大違い)。



    終了宣言はしましたが、


    もしかすれば次の週末でまさかのもうひと踏ん張りがあるやもしれません。


    多少の雪でも強行する価値があるような気がします。





    テーマ : 田舎暮らし日記
    ジャンル : ライフ

    今年の割り納め



    先日、岩木川の薪狩りに参加していただいた薪を割った所ですが




    P1000922.jpg





    先週、地元でもらってきた薪も割りました。



    廃材で組んだ薪棚も満杯になり、


    無事に来年の準備が整いました。




    P1000937.jpg



    だいたい180×150の4列分です。



    一番奥が松なので再来年まで寝せておきますが、

    手前の3列は来年には十分に薪として活躍してくれると思います。


    とりあえずのブルーシートをかぶせましたが、


    なんなら雨ざらしのままでも問題ないと考えています。





    そして、今回割り残した原木と玉切りがこちらです。




    P1000936.jpg





    P1000935.jpg




    雪解けとともにすぐ割れる状態です。


    割ってすぐまた積んでおけば来シーズンにギリギリ間に合うかもしれません。


    そんなにギリギリの薪を使わないように今シーズン頑張るのも大事ですが。




    あとはしばらく薪狩りや薪割りはお休みして春を待とうと思います。



    この冬は焚きつけ祭りが毎週のように開催される予定です。



    もちろん出場選手は私だけ(笑)



    コツコツ焚きつけを割っていきたいと思います。




    テーマ : 田舎暮らし日記
    ジャンル : ライフ

    プロフィール

    mjaak995321

    Author:mjaak995321
    2011年12月より新しい生活をスタートさせました。
    よりよい生活を目指し試行錯誤の日々です。

    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新トラックバック
    閲覧者数
    2011年9月5日~
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。